ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1.  科学技術情報活動の最近の傾向
(3)  科学技術情報の国際流通


我が国の科学技術の発展に伴って,海外からの我が国の科学技術情報に対する需要が急速に高まってきている。このような要望に応え,積極的に我が国の科学技術情報の国際流通を図るため,日本科学技術情報センター(JICST)において,昭和60年度に作成開始した国内文献の英文データベースを昭和61年度から海外へ提供している。また,JICSTにおいて英文データベースの拡充,国内文献の英訳等のための機械翻訳システムの開発を進めている。

さらに,米国,西独,日本の代表的な情報機関が国際オンラインネットワークと結び,相互に科学技術情報を流通させようとする国際科学技術情報ネットワーク(STN International)に関する基本協定が,米国のケミカルアブストラクツサービス(CAS),西独のFIZ-カールスルーエ,JICSTの間で昭和61年6月に締結された。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ