ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1.  科学技術情報活動の最近の傾向
(2)  オンライン情報提供サービスの発展


オンラインによる情報検索サービスは,科学技術情報の分野でも着実に浸透している。オンライン情報提供サービスは,1)システムと人間が会話することにより,質問式を容易に修正することが可能であり,2)遠方でも瞬時に回答が得られ,3)それほど厳密な検索を要求しなければ素人にも手軽に操作できる等の長所を有することから,今後,そのサービス量が上昇していくとみられている。このため,主要国のオンライン情報提供サービス機関では,大容量のホストコンピュータを有して,提供データベースの増加,検索機能の改善,料金の低廉化等を通じ,顧客の拡張を競っている。

我が国でも,各機関がオンライン情報提供サービスを実施し,ネットワークを拡張しつつあるが,オンライン情報提供サービスに使用できる通信回線については,通常の公衆電話回線の他,DDX,VENUS-Pのような,国内・国際公衆ディジタルデータ網が整備されている。また,昭和60年4月の電気通信事業法の施行以後,多数の電気通信事業者(いわゆるVAN業者)の参入により通信サービスも多様化しつつある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ