ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第1章  研究活動の動向
1.  研究活動の概要
(2)  研究関係人材


研究活動に従事する研究関係従事者 注) は,研究者,研究補助者,技能者,事務その他の関係者に分類することができる。


(研究者数)

研究を進めていく上で中心となっている研究者について,その数の推移をみると,昭和61年4月1日現在で40.6万人となっており,前年の38.1万人に比べ6.4%の増加となった ( 第2-1-19図 )。

第2-1-19図 研究者数の推移


注)研究関係従事者の分類は,次のとおりである。

研究者: 大学(短期大学を除く。)の課程を終了した者で,2年以上の研究業務の経験を有し,かつ特定の研究課題をもって研究を行っている者(又は,これと同等以上の専門知識を有する者)を言う。なお,本書で研究者数と言う場合は,研究本務者のみを指し,兼務者は除かれる(ただし,研究費には兼務者に係る経費を含む)。

研究補助者:研究者を補佐し,その指導に従って研究に従事する者で,将来,研究者になる可能性のある者を言う。

技能者:研究者,研究補助者以外の者であって,研究者,研究補助者の指導・監督の下に研究業務に付随する技術サービスを主として行う者を言う。

事務その他の関係者:上記以外の者で,主として研究に関する雑務,庶務,会計などの事務に従事する者を言う。

昭和40年以降の年平均増加率は,昭和40年〜45年が7.9%,45〜50年が8.2%,50〜55年が3.5%,55〜61年が5.0%となっており,昭和50年代になってやや頭打ちになったものの,昭和50年代後半以降は比較的高い伸びで推移している。

組織別にみると,会社等が25.2万人(対前年8.9%増)で全体の62.1%を占めており,ついで,大学等12.1万人(同2.8%増)で全体の29.9%,研究機関3.2万人(0.9%増)で全体の8.0%の順となっている ( 第2-1-19図 )。

研究者についても国により対象のとり方,調査方法等に差異があり,単純な比較は難しいが,各国のおおよその傾向を見るための指標として,主要国それぞれの統計による研究者数を比較すると,ソ連が146.4万人(1984年)で最も多く,ついで米国79.0万人(1985年)となっており,この両国は我が国のそれぞれ3.6倍,1.9倍と多いが,西ドイツ,フランスは,我が国よりも少ない。人口1万人当たりの研究者数では,我が国は米国と並んでいる, ( 第2-1-20図 )。 

第2-1-20図 主要国の研究者数


(研究関係従事者数)

研究関係従事者数は,67.6万人と前年の64.6万人に比べ4.6%増加した ( 第2-1-21図 )。 その内訳をみると,研究関係従事者数に占める研究者の割合は,前年の59.0%から60.0%と増加し,一方,研究補助者は15.0%から14.6%へ,技能者は15.2%から14.9%へ,事務その他の関係者は,10.8%から10.5%と減少した。

第2-1-21図 研究関係従事者数の推移

組織別の割合をみると,会社等においては,研究補助者と技能者の割合が他の組織に比べ大きく,一方,大学等においては研究者の割合が77.0%と極めて大きくなっている ( 第2-1-22図 )。

第2-1-22図 研究関係従事者数の組織別構成比(昭和61年)


(研究者1人当たりの研究補助者等数)

研究者1人当たりの研究補助者,技能者,事務その他の関係者数は減少傾向が続いており,昭和61年は0.67人である ( 第2-1-23図 )。

第2-1-23図 研究者1人当たりの研究補助者等数の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ