ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   我が国科学技術の国際化に向けて
第3章  我が国科学技術の国際化の現状
(8)  まとめ


ここでは,科学技術関連分野の指標により,各国の国際化の現状を総合的に比較してみる ( 第1-3-22図 )。

これによると,全般的に米国が他の4か国を圧倒していることがわかる。その他の国については,各々特徴はあるものの,ほぼ,同程度であり,我が国は欧州諸国並みになっている。

我が国の科学技術の国際化の現状について全体を通してみると,我が国には科学技術の国際化を促進するための仕組み自体は様々な形で存在しているものの,科学技術の一層の国際化が求められている今日,我が国としては基礎的研究を強化し,世界的な研究成果,優秀な人材を輩出するとともに,研究者交流,情報交流等の国際化のための施策の充実が求められているといえよう。

第1-3-22図 科学技術関連指標の国際比較(1980年代前半) Intemational comparison of indices related to science and tedmology(for the first half of 1980s)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ