ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   我が国科学技術の国際化に向けて
第3章  我が国科学技術の国際化の現状

これまでの章を通して,現在の科学技術が国際的な社会・経済問題といかに深くかかわりあい,国際政治の舞台においてもいかに重要性を高めているかをながめるとともに,ますます高度化,巨大化する科学技術に対するニーズを背景に,国際的な競争と協調関係の中で相互依存性を深めつつ,科学技術の推進が図られていることを示した。

また,諸外国の科学技術動向をながめ,従前通り米国優位の状況にありながら,日米欧を中心とした多極化構造として世界の科学技術構造をとらえるという視点も必要となってきていることを示した。

このような背景の中で,世界において今日の我が国の経済力や研究開発活動が飛躍的に量的規模を拡大したことに対応した質的変化の1つとして,国際化の重要性が高まってきており,国際的地位にふさわしい均衡のとれた科学技術構造としていくことが求められている。また,近時の我が国の急成長に伴い,我が国の活動が否応なく海外に対して大きな影響を及ぼすようになってきていることにも留意する必要がある。

本章では,我が国科学技術の国際化の現状について,国際交流という面を中心にみてみる。

なお,参考として民間動向調査により,今後,我が国が国際社会で発展していくために,民間企業が国際化に対してどのような考え方を有しているかについてみてみると,企業の研究開発の国際化に対する方針としては, 第1-3-1図 に示すとおり,国際的に通用する成果の産出,外国研究機関の活用及び外国機関への人材派遣を考えている企業が多く,また,我が国の科学技術の国際化への対応策としては,外国との積極的な人材交流の拡大,国際公共財としての先端基礎科学技術の成果(シーズ)の産出,及び国際的に魅力ある国内研究機関の整備等を考慮すべきとしている企業が多いことがわかる ( 第1-3-2図 )。

第1-3-1図 企業の研究開発の国際化への対応 Steps suggested by private companies to internationa1ize own R&D activities

第1-3-2図 企業がみた日本の科学技術の国際化への対応 Policies suggested by private companies for the government to take to internationalize Japan's science and technology


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ