ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   我が国科学技術の国際化に向けて
  序章 我が国の科学技術の概観
  [最近の我が国科学技術の動向]
  〈我が国科学技術の国際化の進展〉


これまでみてきたように,我が国の研究開発活動の量的規模の拡大は,世界全体の研究開発活動における我が国のシェアを相対的に高め,全体への影響力を強めてきている。これに伴い,我が国の動向が世界から注目を集めるとともに,国際的地位にふさわしい貢献をしていくことが期待されるようになってきている。このような量的規模の拡大に伴い求められる質的変化の一つの大きな潮流が,科学技術の国際化であるとみることができる。

我が国の科学技術の発展の軌跡をたどってみると,欧米のキャッチアップを目指して基本的な技術を導入し,生産技術の向上を中心とした研究開発を続けることにより大きな躍進を遂げた時代を経て,今日では欧米先進国と肩を並べるまでに至っており,今後は基礎的な研究を通して基本的技術を開発し国際的にも貢献していくことが求められている。このような情勢の中で,科学技術の発展が,本来,国際的な競争や協力環境の中で増進されやすいものであることや,最近の科学技術が高度化,複雑化し,その対象が広範多岐にわたる等の傾向を示していることを踏まえれば,21世紀の豊かな社会及び国民生活の創造に向けて科学技術の新たな展開を図るには,従来にも増して積極的に,国際交流や国際共同研究の推進等,国際性を重視した展開を図ることが我が国にとって必要となってきている。

また,科学技術力の向上を含む我が国の国力の急速な増大は,国際的な様々な摩擦を誘起している反面,我が国の国力に応じた国際的貢献に対する期待感も高めている。このような背景の中で,国際協調と国際貢献を中心とした先進国としての役割を果たすことが重要となってきており,また一方では,このような国際貢献を果たしていくことが我が国の発展のためになるという側面も有している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ