ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  国際交流の動向
1  主要国首脳会議(サミット)に基づく国際協力


昭和60年5月,西独・ボンにおいて開催された第11回主要国首脳会議(ボン・サミット)では,昭和58年5月に開催された第9回主要国首脳会議(ウイリアムズバーグ・サミット)に基づき開始された18の具体的な協カプロジェクトの見直しについて,新たに作成された「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」の報告が行われた。ボン・サミットにおいて同報告は歓迎され,昭和60年末までに見直しを完了するよう要請された。

なお,我が国は,「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」で取り上げられた18プロジェクトのうち,「光合成」,「太陽光発電」及び「先端ロボット」の3プロジェクトのリード国として,協力の推進に当たっており,また,「バイオテクノロジー」,「新材料および標準」,「宇宙からのリモート・センシング」,「高速増殖炉」,「制御熱核融合」,「生物科学」,「水産養殖」,「高速鉄道」等のプロジェクトに積極的に参加している。

また,ロンドン・サミットでの要請に基づき別途作成された「環境問題について記した技術,成長および雇用に関する作業部会報告」の報告が行われた。ボン・サミットでは,同報告に基づき改善され国際的調和のとれた環境測定方法が必要不可欠であるとして,科学技術等に関する作業部会の専門家は,適切な国際機関と協議するよう求められた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ