ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
3  海外主要国における科学技術情報活動の動向
(3)  西ドイツ


1974年に開始された「情報・ドキュメンテーション促進のための連邦政府の計画(IUD計画)」に従って,科学技術情報政策が推進されてきた。この計画の骨子は,それまで200にも及ぶ小規模の情報機関で行われていた活動を16の分野に統合し,各分野の中核となる専門センター(FIZ)の整備を図ることであった。また,計画の推進に当たる中核機関として,情報・ドキュメンテーション協会(GID)が1977年に設立された。

その後,連邦会計検査院及び研究技術省によりIUD計画の見直しが行われ,新しい計画として「専門情報計画1985-88」が策定された。

この計画はIUD計画における経験を背景に,情報活動における政府と民間の協力をより緊密にするとともに,政府支援と民間主導を明確に区別した活動計画を策定,推進して西独産業界の活力増進及び国際的競争力の改善に貢献することを目的としている。

この専門情報計画に対する連邦政府の助成の予算総額は,1985年度で167億円(221百万マルク)である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ