ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   人間性豊かな生活環境に向けて
第2章  社会・生活と科学技術
1  職場における変化


我が国の研究開発は,会社等が大きな役割を果たしてきたこともあって,民間のニーズ,とりわけ工場や事務所のニーズの高いものが技術の進歩を牽引するところが多かった。

その代表的なものが自動化技術であり,まず,工場全体に拡がり,さらには事務所に,研究所にと展開を続け,今では家庭にまで拡がり始めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ