ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
5.  国際科学技術博覧会
(4)  輸送対策等の関連事業


科学万博においては,その地理的条件から,約2,000万人と想定される入場者の輸送を安全,円滑に行うことが重要課題である。このため,道路及び鉄道により,それぞれ約1,000万人の入場者を輸送することとし,所要の準備を進めている。

すなわち,道路輸送については,常磐自動車道,東関東自動車道,首都高速道路,その他会場周辺道路の整備を進めるとともに,会場の内外に駐車場の整備を進めている。

鉄道輸送については,常磐線の中距離電車の15両化,増発等により輸送力を増強するとともに,牛久・荒川沖駅間に臨時駅を設置することとし,昭和58年7月に建設に着手した。

これらのうち,常磐自動車道等の道路網の整備,常磐線の輸送力増強等の特に緊急を要するものについては,事業計画が昭和56年11月6日に開催された第1回国際科学技術博覧会関係閣僚会議において了解されている。

さらに,昭和58年1月28日に開催された第3回国際科学技術博覧会関係閣僚会議において,交通安全施設,港湾,水道等についての事業計画が了解され,これらの整備も進められている。

なお,常磐線に設置する臨時駅と会場の間の観客輸送については,通常のバスに比べ収容力の大きい連節バスを採用(昭和58年5月バス車種決定)するとともに,道路中央部にバス専用通行帯を設置するなど,関係機関の協力を得て準備を進めている。

この他,自動車交通の安全かつ効率的な案内,誘導等を行うため,科学万博放送局の設置等,関係機関の協力を得て,的確な情報提供対策の検討を進めている。

また,観客宿泊については,その大宗を東京に依存することとなるが,観客の利便のため,極力,会場周辺の宿泊施設の活用及び充実を地元と協力しつつ進めることとしている。茨城県においては,民泊(一般家庭での宿泊)の推進を図るとともに,昭和58年9月,科学万博宿泊施設整備資金融資制度を創設した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ