ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部    科学技術活動の動向
第4章  国際交流の動向
1.  主要国首脳会議(サミット)に基づく国際協力
(2)  第9回主要国首脳会議(ウィリアムズバーグ・サミット)


昭和58年5月,米国・ウィリアムズバーグにおいて開催された第9回主要国首脳会議(ウィリアムズバーグ・サミット)では,高度技術の開発を促進し,高度技術が成長,雇用,貿易の促進のために果す役割を社会一般が受け入れていくことを慫慂することの必要性につき,合意がなされた。

「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」は,各国首脳によって賛意をもって留意されるとともに,報告書において取りあげられた18の協カプロジエクトにつき,ニれまでに見られた進歩が高く評価された。また,これらのプロジェクトに関する作業の実施及び調整を引続き行ない,次回主要国首脳会議に,更に報告がなされることとなった。

また,環境保全,天然資源のより有効な利用及び健康に関する研究についての協力を強化していくことが合意された。

我が国は,「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」で取り上げられた18プロジェクトのうち,「光合成」,「太陽光発電」及び「先端ロボット」の3プロジェクトのリード国として,協力の推進に当たっており,また,「バイオテクノロジー」,「新材料および標準」,「宇宙からのリモート・センシング」,「高速増殖炉」,「制御熱核融合」,「生物科学」,「水産養殖」等のプロジェクトに積極的に参加している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ