ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部    科学技術活動の動向
第4章  国際交流の動向
1.  主要国首脳会議(サミット)に基づく国際協力
(1)  第8回主要国首脳会議(べルサイユ・サミット)


昭和57年6月,フランス・ベルサイユにおいて開催された第8回主要国首脳会議(ベルサイユ・サミット)では,ミッテラン仏大統領の提唱の下に,世界経済の再活性化及び成長との関連で科学技術を巡る諸問題が検討された。このベルサイユ・サミットの大きな意義の一つは,従来,経済問題等が中心に議論されてきた同会議において,このような観点から初めて科学技術が重要なテーマの一つとして取り上げられた点である。同会議においては,科学技術は世界経済再活性化の鍵であるとの認識が明らかにされるとともに,科学技術等に関する作業部会が設置された。

科学技術等に関する作業部会は,具体的な18の協力分野の提案を含む「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」と題する報告書を取りまとめた。同報告書は,昭和58年3月,サミット参加の各国首脳に提出された後,昭和58年5月の第9回主要国首脳会議において報告された。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ