ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部    科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
2.  我が国における科学技術情報活動
(3)  一次情報サービス(図書館活動)


閲覧・複写・貸出等による一次情報(原文献)の提供サービスは,国立国会図書館,大学図書館,公共図書館,専門図書館等の図書館のほか,第2-2-3表に挙げたような情報サービス機関の多くでも行われている。

国立国会図書館には,納本制度によって,我が国で発行されるすべての出版物が納本されることになっており,納本週報のほか,目録類,雑誌記事索引等を機械編集し,収集・保管資料の周知を図っている。同図書館の科学技術関係の雑誌の継続収集誌数は,国内約5,300種,海外約12,600種である。

第2-2-3表 我が国における主な科学技術情報サービス機関 (政府機関,特殊法人及び公益法人に限る。)


文部省では,医学・生物学,理工学,農学の三分野について,特定の国立大学附属図書館を外国雑誌センターに指定して,分野別に国内未収の外国雑誌を集中的に整備している。また,大学図書館及び国内主要試験研究機関の図書館において収集されている学術雑誌を対象に学術雑誌総合目録データベースを作成して,東京大学大型計算機センターにおいて検索サービスを実施するとともに,印刷物の学術雑誌総合目録を編集刊行してぃる。この学術雑誌総合目録によれば,国内での自然科学分野の学術雑誌の収集状況は,欧文誌約38,600種,和文誌約17,300種である。

大学図書館のほか,医学・農学等の専門図書館間,一部の地域内の図書館間で,貸出・複写等の相互利用が行われている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ