ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部    科学技術活動の動向
第1章  研究活動の動向
2.  研究費
(3)  組織別使用割合


研究費の組織別使用割合を見ると,いずれの国でも産業が過半を占めて大きく,次いで政府研究機関と大学がほぼ同じ割合で続き,民営研究機関の割合は小さい( 第2-1-9図 )。特に,日本,米国,西ドイツは産業の使用割合が2/3以上と大きく,逆にフランスは5か国のうちでは最も小さい。

しかしながら,組織別使用割合の長期的推移をみると,産業の伸びが著しいのは,日本,西ドイツ,フランスであり,米国は横ばい,イギリスは減少傾向を示している。一方,政府研究機関の使用割合は,いずれの国でも減少してきているが,その変化は産業の場合に比べて小さい。また,大学については,日本,西ドイツで減少傾向を,米国,フランス,イギリスで増加傾向を示している。

第2-1-9図 研究費の組織別使用割合


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ