ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  はしがき

科学技術は,経済社会の発展及び国民生活の向上の原動力として重要な役割を果たしてまいりました。また,近年は停滞傾向にある世界経済の活性化のため,さらには,人類の発展のためにも科学技術の振興が不可欠であるとの認識が高まってきております。

我が国は,これまでいわゆる追いつき追い越せ型の努力によって国際的な技術水準に達したといわれておりますが,今後は,自ら新しい技術を創出し,また科学技術を通じて国際社会へ貢献していくことが重要となっております。

先般の科学技術会議第11号答申において,基本的指針として,科学技術進歩の礎となる基礎的研究を強化し,新しい技術を創出していくべきことが提言されておりますが,今回の白書では,この基礎的研究を初めて主題として取り上げ分析しております。

この白書の指摘にもあるとおり,我が国の基礎的研究は,未だなお不十分であり,国是である科学技術立国を真に確立していくためにも,また,21世紀における次の世代への知的資産の形成という長期的観点からも,基礎的研究を強化し,研究開発力全体の向上を図っていく必要があります。

私としましても,この白書の指し示すところを受け,科学技術政策の強力な推進を図り,創造性豊かな科学技術の振興に努めてまいりたいと思いますが,このためには,国民の皆様の御理解と御協力が不可欠であります。

本白書が我が国の科学技術の現状を理解していただくための一助となれば幸いであります。

昭和59年12月   竹内   黎一   科学技術庁長官   国務大臣


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ