? 昭和58年版科学技術白書[第3部 第4章 9 (3)]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
9.  科学技術関係審議会などの活動状況
(3)  原子力安全委員会


原子力安全委員会は,原子力の安全の確保に関する事項について企画,審議及び決定を行うため,内閣総理大臣の諮問機関として昭和53年10月設置されたもの,であり,昭和57年度の主な活動状況は次のとおりである。


(1) 原子力施設の設置等に係る調査審議

原子力安全委員会は,行政庁からの諮問に応じて,動力炉・核燃料開発事業団高速増殖原型炉もんじゅ発電所の新設,東京電力(株)柏崎・刈羽原子力発電所2,5号炉の増設及び中国電力(株)島根原子力発電所2号炉の増設の3件の新増設案件をはじめとして,各種原子力施設の新増設,変更案件について行政庁の行った安全審査の結果について調査審議を行っている。


(2) 国民との意思の疎通に関連する施策

原子力安全委員会は,原子力施設の設置等に係る調査審議を行うに当たっては,当該原子炉施設の固有の安全性について地元住民等の疑問,意見等を聴取し,これを参酌することを目的としていわゆる第2次公開ヒアリングを実施してきている。公開ヒアリングの運営については,これまでも回を重ねるごとに改善策を講じてきたところであるが,安全委員会としては,地方公共団体の首長の方々からの要請をも踏まえつつ,昭和57年11月25日公開ヒアリングの改善策を取りまとめ公表した。

これにより,地元の実情に応じ地元住民からの文書による意見聴取を加味した方式を導入することもできることとした。

昭和57年度においては,動力炉・核燃料開発事業団もんじゅ発電所の設置に係る公開ヒアリングを開催するとともに,東京電力(株)柏崎・刈羽原子力発電所2,5号炉の増設について,地元住民より文書による意見等を提出させた後,これにつき直接聴取するための会合を地元において開催した。

これらの公開ヒアリング等において提出された意見等の参酌状況については,昭和58年度中にとりまとめ,両案件の答申の際に公表することとしている。


(3) 基準の作成

原子力安全委員会は,米国スリーマイルアイランド原子力発電所事故の教訓を採り入れるため,水素ガス対策等に関する審査指針の策定作業を進めるとともに,プルトニウムに関するめやす線量の策定作業を進め,また,立地審査指針の見直しなどの作業を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ