? 昭和58年版科学技術白書[第3部 第4章 6 (8)]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
6.  特許制度の国際化への適切な対応
(6)  国際特許分類に関するストラスブール協定(IPC協定)


IPC協定は,特許情報の流通の国際化及び量的拡大に対応するため,締約国が特許・実用新案等につき共通の分類を採用することにより,特許文献の整理等における国際協力を確立することを目的として,1971年に採択さわたものであり,1975年10月に発効した。

我が国に関しては,1977年8月に効力を生じ,1980年1月からは,特許分類がIPCに一本化された。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ