? 昭和58年版科学技術白書[第3部 第4章 5]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
5.  国際科学技術博覧会開催準備の推進


国際利学技術博覧会(以下「科学万博」と言う。)は,科学技術の重要性に関する国民の理解を深めるとともに,科学技術の国際交流に寄与することを目的として,昭和60年に茨城県筑波研究学園都市で開催するものである。科学万博は,国際博覧会条約に基づいて開催するものであり,我が国では,昭和45年の日本万国博覧会及び昭和50年の沖縄国際海洋博覧会に次ぐ3番目の国際博覧会である。

科学万博の概要は,次のとおりである。

1) テーマ 人間・居住・環境と科学技術
2) 開催時期 昭和60年3月17日(日)〜 9月16日(月)(6か月間)
3) 開催場所 茨城県筑波研究学園都市
4) 規模 (ア) 予測入場者数 2,000万人(イ)会場面積約100ヘクタール
5) 直接経費 (ア) 会場建設費  490億円(うち国庫負担分218億円)(イ)政府出展費  365億円計     855億円(うち国庫負担分583億円)
6) 関連事業費         4,409億円(常磐自動車道等の道路網整備,常磐線輸送力強化,上下水道等)

また,科学万博の準備状況は,以下のとおりである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ