? 昭和58年版科学技術白書[第2部 第3章 1 (3)]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
1.  技術貿易
(3)  我が国における外国技術導入の動向


昭和56年度の新規技術導入件数は2,076件であり,前年度に比べて66件(3.1%減)の減少となった( 第2-3-7図 )。

導入された技術を分野別に見ると,2,076件のうち,機械500件(24.1%),電気448件(21.6%),化学328件(15.8%),金属77件(3.7%),「その他」723件(34.8%)となっており,前年度に比べると電気が34件(8.2%増),化学が30件(10.1%増),金属が10件(14.9%増)とそれぞれ増加したのに対し,機械は209件(29.5%減)減少した( 第2-3-8図 )。

導入技術を相手国別に分類すると,米国が977件(47.1%)と圧倒的に多く,フランスが224件(10.8%),西ドイツが219件(10.5%),イギリスが175件(8.4%)でこれに続いており,これらの上位4か国だけで全体の76.8%を占めている( 第2-3-9図 )。

第2-3-7図 技術導入件数の推移

第2-3-8図 技術分野別技術導入件数の推移

第2-3-9図 主要相手国別技術導入件数の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ