? 昭和58年版科学技術白書[第2部 第2章 3 (5)]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
3.  海外主要国における科学技術情報活動の動向
(5)  欧州共同体(EC)


科学技術情報活動に対するECの取組みは,ユーロネット(EURONET)の構築で代表される。ユーロネットとは,EC自身が運営に当たる加盟国をつなぐ国際データ通信ネットワークであり,1980年2月に稼動を開始した。

この計画の意図は,欧州各国にある科学技術関係のデータベース提供サービスを共通のネットワークで利用しようという分散データベースシステムの考え方であるが,米資系ネットワークの進出によって,欧州におけるデータベース利用の中に占める米国のサービスへの依存率は,1973年の10%から年々上昇し,1976年には44%に達しており,このような事実も,EC独自のネットワークの建設に強い影響を与えたと言われている。ユーロネットに接続しているホストシステムは,1982年現在で,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア等の40機関(ECや European Space Agencyのシステムも含む。)で370種のデータベースが提供されている。現在は,科学技術情報が先行しているが将来は欧州の総合的な情報伝達網の役割を果たすことが期待されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ