? 昭和58年版科学技術白書[第1部 第4章 3]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部    情報化の新たな展開に向けて
第4章  情報化の新たな展開に向けて
3.  技術予測に見る技術発展の展望


これまでに述べたように,今後の情報化の展開に当たっては,国際化,高齢化,成熟化といった今後の社会の動向に伴うニーズに対応しつつ,情報利用の一般化及び高度化を図っていくことが求められている。ここでは,こう注)した情報化の展開に必要な技術発展の方向について技術予測により展望する。

注)科学技術庁は,多数の専門家に同一内容のアンケートを繰り返し,アンケート回答者の意見を収れんさせる方法であるデルファイ法により,約800の技術課題について重要度についての評価と実現時期の予測を行い,昭和57年12月に公表した。この技術予測調査は,約5年毎に実施されており,今回公表されたものは第3回の調査結果である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ