? 昭和58年版科学技術白書[第1部 第3章 4 (3)]
ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部    情報化の新たな展開に向けて
第3章  情報化を支える科学技術の発展
4.  通信技術の発展
(3)  交換技術


交換技術は,通話を要求された相手に正しく接続すると同時に電話網全体を効率的に使用するための技術であり,公衆電気通信における基幹技術の一つとなっている。

我が国においては,戦前に欧米から導入して国産化したステップバイステップ方式が戦後の復興においても主役となり,昭和40年代前半まで我が国の市内標準交換機として用いられた。

欧米においては,ステップバイステップ方式と比較して,小形,低消費電力,低雑音,長寿命でより効率的に電話回線網の運用が可能となるクロスバ方式が1930年代末から1940年代にかけて実用化された。我が国においても昭和33年に国産クロスバ交換機が実用化され,更に小形化,経済化の努力が続けられて昭和41年には世界でも最も経済的なC400形クロスバ式自動交換機が実用化された。この結果,昭和40年頃から電話交換機のクロスバ方式への移行が急速に進展した。

このような交換機技術の進展と市外番号方式や課金方式などのソフトウエア面での整備によって,昭和38年には東京-大阪間で我が国初の長距離自動即時化が行われた。また,クロスバ交換機の導入に伴って,短縮ダイヤルサービスなどの新しいサービスが行われるようになった。

一方,コンピュータ技術の進展を背景に1960年代に入って蓄積プログラム制御方式による電子交換機の研究開発が国際的に活発化し,我が国においても大局用の電子交換機D10方式が昭和47年に実用化されたのをはじめ中小局用のものも実用化され,これによって国際通話の自動即時化などサービスの高度化がもたらされた。これらの電子交換機は,通話路にクロスバスイッチなどを用いるアナログ式であるが,クロスバ方式が新たなサービスに対してハードウエアの変更を必要とするのに対してソフトウエアの変更で対応できる柔軟性を備えたものであった。

さらに,素子技術やディジタル信号処理技術の著しい進歩と有線及び無線伝送路のディジタル化の進展に伴い,ディジタル式の電子交換機を導入する環境が次第に整い,昭和57年に大局用のD60が実用化された。このデイジタル式電子交換機には,1)通信品質の劣化が少ない,2)通話路部にLSIを用いることにより装置の小形化,経済化が図れる,3)電話のほかデータ,画像などの情報を一括して交換できる,などの特長があり,ISDN(サービス総合ディジタル網)を実現するための基盤技術の一つとなっている。また,近年,ディジタル式の電子構内交換機(ディジタルPBX)も実用化され,オフィスオートメーションの効率化,高度化に大きな役割を果たすようになってきた。

このような交換技術の進歩によって,交換機の信頼性,経済性が向上し,第1-3-23表に示すように小形化が図られ,かつ,多様化する通信サビースに柔軟に対応できるようになってきた。

第1-3-23表交換技術の進展

以上見てきたように情報化を支える科学技術は,素子技術の発展を背景にコンピュータ,通信機器などのいわゆるハードウエア分野における高速化,大容量化,高信頼度化,低価格化を目指しての技術革新が今後も急速に進展する傾向を見せているとともに,それに対応するソフトウエアに関し,利用を考慮しての社会工学的問題を含めての広範な技術開発が一層必要となってきている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ