ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
1.  技術貿易
(1)  我が国の技術貿易の動向


昭和56年度の我が国の技術貿易は,日本銀行「国際収支統計月報」によれば,輸出(対価受取額)は1,184億円(537百万ドル),前年度比38%増,輸入(対価支払額)は3,772億円(1,711百万ドル),前年度比16%増となった。この結果,技術貿易収支比(輸出/輸入)は0.31となり,前年度より0.05上昇した( 第2-3-1図 )。

昭和55年度の産業別技術貿易を総理府統計局「科学技術研究調査報告」で見ると( 第2-3-1図 , 第2-3-2図 , 付属資料10 ),技術輸出額は1,596億円で前年度比19.9%増加した。また,技術輸入額は2,395億円で前年度比0.6%減少した。

なお,その新規契約分のみを見ると,47年度以降,技術輸出額の方が技術輸入額を上回っており,55年度はそれぞれ743億円,277億円となった。

技術交流を製造業の業種別に見ると,技術輸出額が100億円以上の産業

第2-3-1図 我が国における技術貿易の推移


第2-3-2図 我が国の業種別技術貿易の内訳(昭和55年度)

は,化学工業の319億円が最も多く,次いで電気機械工業の230億円,輸送用機械工業の218億円,鉄鋼業の179億円である。

技術輸入額が300億円以上の産業は,電気機械工業の617億円が最も多く,次いで輸送用機械工業の403億円,化学工業の393億円,機械工業の302億円である。

輸入額より輸出額の多い主要な産業は,建設業と製造業の中の鉄鋼業,繊維工業である。

技術交流を主な相手国別に見ると( 第2-3-3図 , 第2-3-4図 ),技術輸出は,東南アジアが主な相手国となっているが,東南アジア向けの合計は55年度は542億円と前年比1.1%の減少である。

東南アジアの中を国別に見ると,中国194億円(うち台湾99億円),インドネシア76億円,韓国53億円となっている。

米国向けは221億円で前年度比15.1%の増加となっている。

技術導入は,米国が毎年最も多く1,538億円でほぼ前年度並みとなった。

次いで西ドイツが205億円で前年度比6.4%減少し,イギリスが202億円で前年度比16.1%増加した。

次に技術貿易を地域別・業種別に見ると 第2-3-4図 に示すように,技術輸出においては,東南アジア及び北アメリカへは電気機械工業及び化学工業のウェイトが大きく,西アジアへは建設業,南アメリカへは鉄鋼業,ヨーロッパへは化学工業がかなり大きなウェイトを占めている。技術輸入においては,北アメリカ及びヨーロッパからは,ともに電気機械工業,化学工業及び輸送用機械工業のウェイトが大きい。

第2-3-3図 我が国の地域別・国別技術貿易の内訳(昭和55年度)

第2-3-4図 わが国の地域別技術貿易の業種別内訳(昭和55年度)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ