ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造性豊かな科学技術を求めて
第2章  自主技術開発への展開
第3節  先導的・基盤的科学技術分野における自主技術開発の展開


今後,我が国が創造的な自主技術開発を展開していくためには,革新技術のシーズの探索・育成に力を注ぐとともに,先導的・基盤的科学技術分野の研究開発を充実,強化することが重要課題である。先導的・基盤的科学技術分野は,他の多くの科学技術分野を先導する役割を果たす。また,その研究開発成果は広範な分野に波及効果を及ぼし,科学技術全体の水準向上に資するところが極めて大きい。

このような観点から,本節では,先導的・基盤的科学技術分野として,1)核融合,2)宇宙開発,3)海洋開発,4)ライフサイエンス,5)極限科学技術,6)材料科学技術,7)情報・電子技術の7分野を取り上げ,当該分野の研究開発目標,現在までの研究開発状況,我が国の水準等について欧米先進国との比較を交えながら紹介し,我が国の現状の位置付けを行うこととした。ここで取り上げた7分野については,欧米先進国と同水準に近いと考えられるもの,あるいは立ち遅れているもの等様々であるが,これらの状況を踏まえて今後の自主技術開発への展開を考えていく必要があろう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ