ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   世界の中で
第2章  主要先進国の科学技術振興施策
第3節  フランス
5.  研究開発予算


予算は1で述べたように,科学技術研究総務庁でとりまとめられ,科学技術研究諮問委員会の審議を経て,科学技術関係閣僚会議において決定される。

フランスの工業においては,国有部門の比重が高く,電力,ガス,石炭,原子力のエネルギー部門はいずれも国有化されており,航空機,自動車などにおいても有力国有会社が存在する。また宇宙開発も国営で行われている。

これらの国有部門以外の民間企業に対する政府の補助金は62%が航空,23%が電子と集中的な投資が行われており,これらは航空及び電子の研究費総額のそれぞれ72%,26%に相当している。

また,1981年度予算についてみると,研究開発の促進は4大優先政策の一つとして掲げられており,経済社会発展計画,研究10ヵ年計画の具体化が図られている。

第1-2-4図 民間企業に対する政府の補助金の業種別内訳

第1-2-3表 民間企業業種別研究費の負担割合(1978年)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ