ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   世界の中で
第2章  主要先進国の科学技術振興施策

第1章においては,我が国及び他の主要先進国の科学技術が世界の中で占めている地位を明らかにするとともに,国際的に見た我が国科学技術の特徴を明らかにした。本章では,このような状況のもとで,主要先進国がどのような科学技術振興施策を策定し,また実施しているかについて,米国,西ドイツ,フランス,イギリス,ソ連及び日本をそれぞれ各国ごとにとりあげ紹介することとする。

もとよりこれらの施策は,それぞれ異なった歴史,地理的背景を持ち,さらに第1章で示したように異なった科学技術の実態を持った国々において策定されたものであり,その施策を単純に比較検討することはできない。しかし,世界の科学技術をリードするこれらの主要先進国の科学技術施策をみることによって,世界の科学技術が進む方向をは握し,我が国の科学技術の今後の課題を検討するに当ってその手がかりを得られるもあと考える。

なお,各国の科学技術施策の紹介は,各国の経済社会関係の年次計画,科学技術白書,政府の審議会の答申等に基づいて行った。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ