ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部  政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
7  科学技術の普及啓発活動
(1)  普及啓発


国民一般の科学技術に対する関心を高めること,特に,次代を担う青少年に科学技術の重要性を認識させ,科学する心をかん養していくことが科学技術を振興するために重要である。そのため昭和53年度には,科学技術に関する啓発誌(「あなたの科学技術」など)の刊行及び配布,科学技術映画(「デジタルとアナログ」,「さび」など7本)の企画製作,配布,テレビ(「未来エネルギー核融合への道」,「われら科学市民-これがサイエンスサーカスだ」など4本)の放映,ラジオ(「明日への科学」(26回)など)の放送,講演会及び「サイエンスクラブ指導者セミナー」,「原子力教育セミナー」などの各種セミナーの開催を行った。特に,「科学技術週間」,「原子力の日」などの科学技術関係記念日には,各種行事を全国的規模で実施した。

また,地方における科学技術振興に関する諸問題の検討などを行うため,中部,中国・四国のブロックにおいて地方科学技術振興会議を開催した。

このほか,主婦,作家,漫画家等の参加により科学技術を茶の間の主婦をはじめ一般に広く理解し得るような方策について意見を聴取するための“茶の間で語る科学技術”懇談会を開催した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ