ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
1  技術貿易
(1)  我が国の技術貿易の動向


昭和53年度の我が国の技術貿易は,日本銀行「国際収支統計月報」によれば,輸出(対価受取額)は,577億円(274百万ドル),前年度比7.8%減,輸入(対価支払額)は,2,612億円(1,241百万ドル),前年度比5.3%減となった。この結果,技術貿易収支比(輸出/輸入)は22.1%となり,前年度より0.6ポイント減少した( 第2-3-1図 )。

第2-3-1図 我が国における技術貿易の推移

52年度の産業別技術貿易を総理府統計局「科学技術研究調査報告」で見ると( 第2-3-2図 , 付属資料9 ),技術輸出では窯業が前年の約2.7倍増の49億円,金属製品工業が約2.2倍増の5億円と大きな伸びを示した。業種別順位は依然として化学工業がトップを占め225億円(24.1%),続いて鉄鋼業152億円(16.3%),電気機械工業124億円(13.2%),輸送用機械工業96億円(10.3%)となっている。

第2-3-2図 我が国の業種別技術貿易の内訳(昭和52年度)

一方,技術輸入においては電気機械工業が全体の約4分の1の458億円(24.1%)を占め,以下輸送用機械工業363億円(19.1%),化学工業288億円(15.1%),機械工業254億円(18.4%)と続いている。

技術貿易収支額では,繊維工業,鉄鋼業,建設業を除いた業種はいずれも入超であり,なかでも電気機械工業(334億円),輸送用機械工業(268億円),機械工業(216億円)などの入超額が大きい。

次に,地域別・国別に見ると( 第2-3-3図 , 付属資料10 ),技術輸出では東南アジア298億円(31.9%),ヨーロッパ247億円(26.4%),北アメリカ134億円(14.4%),南アメリカ79億円(8.5%),西アジア69億円(7.4%)となっており,国別では,アメリカ90億円(9.6%),ブラジル62億円(6.6%),インドネシア60億円(6.4%)と続いている。前年度比をみると,東南アジア向けが7%減少したが,他の地域向けはいずれも増加しており,特に西アジア向けは111%増と大幅な伸びを示した。

第2-3-3図 我が国の地域別・国別技術貿易の内訳(昭和52年度)

技術輸入については,北アメリカ1,211億円(63.7%),ヨーロッパ680億円(35.8%)からが大部分を占めており,国別ではアメリカが1,183億円(62.2%)と圧倒的に多く,以下,西ドイツ222億円(11.7%),イギリス150億円(7.9%),スイス123億円(6.5%),フランス74億円(3.9%)と続いている。

前年度比を見ると各国からの技術輸入は増加の傾向にあり,特にノルウェーからは前年の約5倍増の21億円となった。

次に技術貿易を地域別・業種別に見ると, 第2-3-4図 に示すように,技術輸出においては南アメリカは鉄鋼業(56.2%),東南アジアは電気機械工業(21.3%),西アジア,北アメリカ,ヨ-ロッパにおいては化学工業のウェイトが大きくなっている。技術輸入では北アメリカからは電気機械工業(21.3%),ヨーロッパからは輸送用機械工業(23.1%),化学工業(18.3%)が大きいウェイトを占めている。

第2-3-4図 我が国の地域別技術貿易の業種力別内訳(昭和52年度)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ