ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
3  海外主要国における科学技術情報活動の動向
(4)  フランス


フランスでは,国立科学研究センター(CNRS)において,年間約50万件の自然科学分野の文献を二次情報とし,これを提供する検索システムPASCALも稼動を開始しているが,この機関は文部省傘下ということもあり,どちらかといえば基礎科学情報を重視している。

一方,経済社会開発計画の中で,科学技術情報の重要性が積極的に認識されるに至り,1973年に産業研究省内に国立科学技術情報局(BNIST)が設置されて,科学技術情報政策の立案・推進・調整を一元的に担当している。BNISTは,産業研究省の他に,大蔵・外務・文部・国防の各省代表,及び専門家1名の計6名からなる理事会をもち,種々の民間の情報機関の活動振興予算もここで決定される(1977年度に総額1,300万フラン)。この補助によって,種々の専門情報機関におけるデータベース作成等の活動が推進されている。また,情報処理自動化研究所(IRIA)によるオンラインネットワークCYCLADESがフランス中に張りめぐらされ,各機関のホストコンピューターが逐次結合されている。

科学技術情報活動への政府支出の総額は,1974年において154億円(254百万フラン)である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ