ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第1章  研究活動の動向
2  組織別の研究活動
(3)  大学等の研究活動


大学等は,高等教育機関として研究人材の育成等の重要な使命を持っていると同時に,研究機関としても「真理の探究」という学問的な研究とともに,新たな技術を開発していくための基盤となる基礎研究などにおいて極めて重要な役割を果たしている。

大学等の数を見ると,自然科学分野では対前年度比で0.5%増加して604となったが,私立大学はやや減少した。これを組織別に見ると,国立が56.1%,公立が6.8%,私立が37.1%の割合となっている( 第2-1-8表 )。

第2-1-8表 組織別・学問別の大学等の数の推移


(1) 大学等の研究費

大学等における研究費を見ると,昭和52年度は,6,297億円で対前年度比7.2%の増加となっている( 第2-1-6図 )。

これを組織別に見ると,国立が3,519億円,公立が357億円,私立が2,420億円で,その構成比はそれぞれ55.9%,5.7%及び38.4%となっており,国立が過半を占めている。ここ数年高まる傾向にあった私立の割合はやや低下した。組織別の研究費の対前年度比を見ると,国立が10.7%,公立が12.1%,私立が1.8%といずれも増加しているが,前年伸びが著しかった私立は横ばいとなった( 第2-1-32図 )。

第2-1-32図 大学等の組織別研究費の推移

学問別に研究費を見ると,理学950億円,工学2,220億円,農学501億円,保健2,571億円で,それぞれの構成比は15.2%,35.6%,8.0%及び41.2%となっており,保健と工学で8割近くを占めている。

費目別に見ると,大学等は会社等,研究機関に比べ人件費の割合がかなり大きく,52年度は60.4%であり,特に公立では75.5%に達している。これを学問別に見ると農学,工学は人件費割合が大きく,理学は有形固定資産購入費の割合が大きくなっている( 第2-1-33図 )。

第2-1-33図 大学等の研究費の費目別構成比(昭和52年度)

研究費の性格別構成を見ると,基礎研究の割合が5割を超えており),開発研究の割合は小さい( 第2-1-34図 )。

第2-1-34図 大学等の研究費の性格別構成比(昭和52年度)

研究者1人当たりの研究費を見ると,大学等全体では前年度の668万円から679万円と1.6%増加した。また,研究活動の中心である教員をとり,その1人当たりの研究費についてみると,大学等全体では997万円であり,組織別では国立1,038万円,私立970万円,公立823万円となっている。


(2) 大学等の研究関係人材

昭和53年4月1日現在における大学等の研究者数は9万2千人で前年比1.4%減少となっている。組織別の研究者数の推移を見ると,国立は対前年比2.1%減,公立は5.8%減,私立は0.8%増となっている( 第2-1-35図 )。

第2-1-35図 大学等の組織別研究者数の推移

大学等における研究関係従事者数は,12万5千人であり,そのうち研究者が9万2千人で全体の73.3%を占めている。なお,研究者は,教員,博士課程の大学院生,医局員等に分けられるが,それぞれの占める割合について,国・公・私立の間で比較すると,国立は教員の割合が小さく,大学院生の割合が大きいのに対し,公立は医局員等の割合が大きく,私立は教員の割合が大きく,大学院生の割合が小さい。研究補助者は7千人で全体の5.5%,技能者は1万2千人で9.3%,事務その他の関係者は1万5千人で11・9%となっている( 第2-1-36図 )。

第2-1-36図 大学等の研究関係従事者数の構成比(昭和53年)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ