ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部  柔軟性のある研究体制への指向
第2章  多様化する要請への対応
第2節  柔軟性のある研究体制への指向


前節においては,多様化するニーズにこたえた最近の技術開発例を取り上げ,技術開発過程の分析を通じて,基礎・応用研究の成果の蓄積の重要性について指摘した。

我が国は,今後,複雑化した多様な要請にこたえる研究活動を効率的に,しかも,自主技術開発によって進めていく必要性が強まっている。本節では,このような要請に対応する我が国の研究組織の特徴について述べ,シーズの創出に大きな役割を期待される基礎・応用研究組織の研究活動の状況,技術開発活動の中心である民間企業の研究活動の展開方向及び基礎・応用研究組織に対する評価や要望などをとらえることによって,今後,多様化するニーズに速やかにこたえるための効率的な研究体制確立の必要性について検討することとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ