ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部  柔軟性のある研究体制への指向
第1章  我が国の研究活動の特徴
第2節  安定成長移行期における研究活動


前節でみたように,科学技術に対する社会経済の要請は多様化しており,かつ,技術的にみても,より複雑化,困難化の傾向がうかがえる。本節では,このような要請にこたえる我が国の研究活動における最近の主な傾向をマクロに分析する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ