ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関などにおける研究活動
4  多分野の協力による研究開発の推進
(8)  総合的研究開発の推進


総合的研究開発は,社会経済の要請に即応する研究開発で,かつ,その開発規模が大きく,企業化に伴う危険負担が大きいため,民間のみによる開発に期待し得ないものに対し,国が中心となり学界や産業界との共同研究体制を確立して取り組むものである。昭和52年度の総合的研究開発としては,総合海洋科学技術研究開発(科学技術庁),大型別枠プロジェクト研究(農林水産省),一般別枠プロジェクト研究(農林水産省),大型工業技術研究開発(通商産業省),準大型工業技術研究開発(通商産業省),新エネルギー技術研究開発(通商産業省),低公害交通機関の開発(運輸省),建設技術研究開発(建設省),別枠研究(自治省)があり,その研究開発テーマ,研究目標,予算額及び研究期間は, 付属資料14 に示した。

52年度から新たに総合的研究開発に加わったテーマは,科学技術庁の「深海潜水調査船の研究開発」,「大陸棚有人潜水作業技術の研究開発」,「海洋遠隔操作技術の研究開発」及び「黒潮開発利用調査研究」,農林水産省の「農林水産業における自然エネルギーの効率的利用技術に関する総合研究(事前評価)」,「稲作を主体とする合理的作付体系の確立に関する研究」及び「遡河性さけ・ますの大量培養技術の開発に関する総合研究」,通商産業省の「超高性能レーザー応用複合生産システム」,建設省の「都市防火対策手法の開発」,「省エネルギー住宅システムの開発」及び「建設工事環境改善技術の開発」の11テーマである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ