ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部    科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
1  技術貿易
(1)  我が国の技術貿易の動向


昭和52年度の我が国の技術貿易は,日本銀行「国際収支統計月報」によれば,輸出(対価受取額)は,233百万ドル(626億円),前年度比34.7%増,輸入(対価支払額)は,1,027百万ドル(2,758億円),前年度比21.4%増となった。この結果,技術貿易収支(輸出/輸入)は22.7%となり,前年度より2.2%増加した( 第2-3-1図 )。

51年度の産業別技術貿易を見ると( 第2-3-2図 , 付属資料9 ),技術輸出では非鉄金属工業が前年の約10倍増の56億円となり,飛躍的な伸びを示した。業種別順位は依然として化学工業がトップを占め,31.3%(261億円),続いて鉄鋼業16.5%(138億円),電気機械工業11.6%(97億円),輸送用機械工業8.6%(72億円),非鉄金属工業6.7%(56億円)となっている。

一方,技術輸入においては,電気機械工業が全体の約4分の1の25.1%(445億円)を占め,以下輸送用機械工業17.9%(317億円),化学工業16.1%(286億円),機械工業11.8%(209億円)と続いている。

第2-3-1図 我が国における技術貿易の推移

第2-3-2図 我が国の産業別技術貿易の内訳(昭和51年度)

第2-3-3図 我が国の地域別・国別技術貿易の内訳(昭和51年度)

技術貿易収支額では,繊維工業,鉄鋼業,非鉄金属工業,建設業を除いた業種が入超であり,なかでも,電気機械工業(349億円),輸送用機械工業(245億円),機械工業(186億円)などの入超額が大きい。

我が国の技術貿易を地域別・国別に見れば, 第2-3-3図 及び付属資料10に示すように,技術輸出では東南アジア向けが38.3%(320億円),ヨーロッパ向けが26.1%(218億円)を占めており,次いで北アメリカ,南アメリカ,西アジアと続いており,国別ではアメリカ9.5%(79億円),中国9.0%(75億円),韓国8.4%(70億円)が上位を占めている。前年度比を見ると,北アメリカ向けが9%減少したほかは各地域向けとも増加しており,特にヨーロッパ向け55%増,西アジア向け48%増と大幅な伸びを示している。

技術輸入では,北アメリカからの66.3%(1,175億円)とヨーロッパからの33.5%(594億円)が大部分を占める。国別では,アメリカからが64.6%(1,164億円)と圧倒的に多く,以下西ドイツ11.0%(195億円),スイス7.1%(125億円),イギリス6.2%(110億円),フランス4.1%(73億円)と続いている。前年度比を見るとスイス,オランダが40%増と大きい伸びを示しているのに対し,イタリア47%減,オーストラリア50%減と大きく減少している。

次に技術貿易を業種別にみると, 第2-3-4図 に示すように,技術輸出では南アメリカだけは鉄鋼界がトップで,その他の地域はいずれも化学工業が大きな割合を占めている。電気機械工業は,北アメリカ向けの中でウェイトが大きく,建設業は東南アジア,西アジア,南アメリカの各地域で10%強のウェイトを占めている。

技術輸入は,北アメリカからは電気機械工業(31.8%),コーロッパからは輸送用機械工業(26.0%),化学工業(20.5%)が大きいウェイトを占めている。

第2-3-4図 我が国の地域別技術貿易の業種内訳

(昭和51年度)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ