ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部    科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1  我が国における科学技術情報活動の動向
(3)  図書館活動の動向


図書館のレファランス(資料案内)機能は,二次情報を主要な流通媒体とするNISTにおいても,重要な役割を果たすものである。国においては,各種図書,逐次刊行物の所属機関ファイル(ユニオンカタログ)を整備し,これを常に更新維持して広く利用に供するようにすることや,図書館のサービス機能の向上を図り,一次情報サービスと二次情報サービスとが一体となった高度なシステムを運営する必要がある。

国立国会図書館では,昭和45年に漢字処理可能な電子計算機システムを導入して以来,欧文及び和文雑誌所蔵目録の編集システム,国会会議録の総索引の編集,検索システム,米国議会図書館作成のMARCテープを用いた洋書の編集,検索システム及び米国商務省作成のUSGRAテープを用いた海外科学技術資料月報(ADレポート,PBレポートが対象)編集システムを開発し,現在それらを実用に移している。更に,納本週報,全日本出版物総目録,蔵書目録,各種主題書誌の編さん及び印刷カードの作成を含めた日本版MAR Cの開発並びに雑誌記事索引の機械編さんシステムを中心とした技術開発を行っている。

また,文部省では,大学図書館及び国内主要試験研究機関の図書館について学術雑誌総合目録の作成を行うほか,各大学図書館間を結ぶ情報流通体制の整備を推進している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ