ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1  我が国における科学技術情報活動の動向
(4)  データセンターの動向


データセンターは実験や観測の結果得られる数値データを収集,整理,分析,評価して情報利用者に必要とする数値データを提供する活動を行うものである。我が国のデータセンター活動は,多くの場合,大学,試験研究機関,調査観測機関などにおいて小規模に行われているのが現状であり,その活動は現状では限度がある。このため,大学,学協会,試験研究機関及び調査観測機関を中心とする組織的な活動に発展させていくことが強く望まれている。

現在,我が国においてデータセンターに相当するよ゜うな活動が行われている主な分野は,自然観測データと物性データの分野である (第2-2-1表) 。しかし,生物系データ,工学系データ,強震観測データなどの分野においても,データセンター活動の重要性が認識され始め,今後の一層の発展が期待されている。科学技術庁では,当面,物性データの各分野にわける活動の基盤を確立するために,昭和47年度以降「高圧力データ」,「核磁気共鳴(NMR)データ」,「結晶データ(ラマンスペクトルデータ)」,「化学反応データ」及び「磁気特性データ」の代表的な物性5テーマについて学協会に委託して数値データの収集,整理,分析,評価などに関する調査研究を行っている。また,昭和50年度から,膨大な量の物性データを蓄積し,利用者の求めに応じて迅速,的確に提供する物性データバンクの整理に関する調査研究を開始している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ