ここからサイトの主なメニューです

核融合エネルギーフォーラム ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」開催について

平成30年12月7日

核融合エネルギーフォーラム ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」を開催しますので、お知らせいたします。

1.日時


平成30年12月14日(金曜日)13時00分~18時00分


2.会場


  有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1) /パネル・機器展示 12時00分~17時30分(有楽町朝日スクエア)


3.主催


  核融合エネルギーフォーラム


4.参加費


  無料


5.プログラム

13時00分 開会の辞 

中島 尚正  核融合エネルギーフォーラム議長
          海陽学園海陽中等教育学校長

13時05分 来賓挨拶


13時30分 基調報告 
 








ITERの建設状況(ライブ中継)
    ベルナール・ビゴ ITER機構長
日本の核融合研究開発政策    
    新井 知彦 文部科学省研究開発局研究開発戦略官
ITERの機器製作活動及びJT-60SA建設の進展

                (JT-60SA組立の現場からのライブ中継)    
    栗原 研一 量研那珂核融合研究所長
核融合フロンティア IFERC及びIFMIF-EVEDA活動の進展

                (IFMIF原型加速器の実験棟からのライブ中継)    
    池田 佳隆 量研六ヶ所核融合研究所

15時10分 技術報告









「ITER及びJT-60SA計画の開始から10年を経て、技術開発の進展秘話と未来展望を語ろう」

テーマの趣旨

    鎌田 裕 量研那珂核融合研究所副所長
○高精度製作を成功させた技術力とその未来

    三菱重工業株式会社
○ITER用超伝導ニオブ・ズズ線の性能向上の取組みと軌跡

    株式会社JASTEC
○超高電圧応用に挑戦した1/3世紀 -核融合炉用中性粒子ビーム入射装置技術の進展- 

     株式会社日立製作所
○総合エンジニアリング「本体組立」成功の秘訣と技術課題

    東芝エネルギーシステムズ株式会社
○核融合炉用大型超伝導コイルを製作して判った技術ポイント

    三菱電機株式会社
○ダイバータとの出会いと技術応用の展望

    金属技研株式会社

16時45分 学術基盤や技術基盤への広がり

加速器中性子源の産業応用
    柴田 徳思 株式会社千代田テクノル大洗研究所長

17時10分 閉会挨拶

香山 晃 核融合エネルギーフォーラム 運営会議 委員幹事
               京都大学名誉教授

17時15分 

パネル・機器展示の閲覧と意見交換

 


詳細は以下のホームページをご覧ください。

核融合エネルギーフォーラム主催: ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」 のご案内

(核融合エネルギーフォーラムホームページ)

お問合せ先

核融合エネルギーフォーラム事務局

ファクシミリ番号:029-270-7468
メールアドレス:fusion-energy-forum@qst.go.jp

文部科学省 研究開発局 研究開発戦略官(核融合・原子力国際協力担当)付

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究開発戦略官(核融合・原子力国際協力担当)付)

-- 登録:平成30年12月 --