ここからサイトの主なメニューです

第16回OECD/Japanセミナーの開催について

平成25年11月8日

 文部科学省では、平成26年2月9日(日曜日)に仙台国際センターで「キーコンピテンシー/21世紀スキル」をテーマに、OECD/Japanセミナーを開催します。本セミナーは、OECD(経済協力開発機構)が実施する教育事業への協力の一環として、平成4年から実施しているものです。
 皆様の参加をお待ちしております。

1.日時・場所

日時: 平成26年2月9日(日曜日)

場所: 仙台国際センター(〒980-0856 宮城県仙台市青葉区青葉山)
仙台国際センターへのアクセス(※仙台国際センターのホームページにリンク)

2.テーマ

「キーコンピテンシー/21世紀スキル」

 OECDでは21世紀の社会で必要とされる能力と、子供たちがそれを身につけるための教育について、様々な取組を行っています。
 第16回OECD/Japanセミナーでは、「キーコンピテンシー/21世紀スキル」に焦点をあて、OECD生徒の学習到達度調査(PISA)2012の結果を踏まえた分析や、宮城教育大学における持続可能な開発のための教育(ESD)に関する活動、福島大学がOECDの協力を得て進めている復興教育の試みの紹介を通じ、OECDの最新の分析と教育現場での実践の両面から議論を行います。

3.主催等

主催:文部科学省、OECD、宮城教育大学
後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会

4.プログラム(予定)

平成26年2月9日(日曜日)

10時30分~10時40分 主催者挨拶

10時40分~12時00分 基調講演

- 21世紀スキル-PISA2012から-
 (OECD教育・スキル局 アンドレアス・シュライヒャー次長)
- 日本の教育(文部科学省)

13時30分~15時00分 講演

- ESDとキーコンピテンシー (宮城教育大学 見上一幸学長)
- OECD東北スクールの実践について(福島大学 三浦浩喜教授)
- 21世紀スキルの涵養 -東北における実践から得られるもの-
 (ELTE大学 ガボー・ハラス教授)

15時20分~16時50分 パネルディスカッション

16時50分~17時00分 まとめ・閉会

※全てのセッションにおいて日英同時通訳が入ります。

5.参加申込み

(1)一般の方
申込み締切り:平成26年1月24日(金曜日)
※ただし、上記締切りにかかわらず、定員になり次第締め切らせていただきます。
以下の専用ウェブページから申込みをお願いします。

(2)報道関係の方
取材を希望される場合は、平成26年1月31日(金曜日)までに社名、氏名を担当に御連絡ください。
取材位置・時間については、係員の指示に従ってください。

お問合せ先

大臣官房国際課

国際機関係
電話番号:03-5253-4111(内線2601)
メールアドレス:j-seminar16@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成25年11月 --