ここからサイトの主なメニューです

柴山昌彦文部科学大臣記者会見録(令和元年5月14日)

令和元年5月14日(火曜日)
教育、スポーツ、文化、その他

キーワード

高等学校での学びを支援する新たな取組に関する大臣メッセージ、「百舌鳥・古市古墳群」のイコモス勧告、白須賀政務官が在京当番中に千葉県の自身の選挙区で活動していたとの報道の件、大相撲優勝力士へのトランプ杯授与の調整を進めているとの報道の件

柴山昌彦文部科学大臣記者会見映像版

令和元年5月14日(火曜日)に行われた、柴山昌彦文部科学大臣の定例記者会見の映像です。

令和元年5月14日柴山昌彦文部科学大臣記者会見(※「YouTube」文部科学省動画チャンネルへリンク)

柴山昌彦文部科学大臣記者会見テキスト版

大臣)
 本日は、私からは1件です。去る5月10日、大学等における修学の支援に関する法律が国会で成立をいたしましたが、高等教育での学びへの支援が拡充されることを踏まえ、私から、高等学校等の生徒の皆さん、保護者の方々へのメッセージを本日付で動画配信させていただくことといたしました。また、お手元にお配りをしているかと思いますが、黄色のリーフレット、また、こちらの方には、ポスターも掲げてございますが、明日以降、日本学生支援機構から全国の高等学校等に送付される周知資料でありまして、高等学校等を通じて全国の高校生に配布される予定であります。引き続き、これらの情報発信に努め、新制度が広く認知され、また、高校生の進路選択にも資するように、しっかりと準備をしていきたいと考えております。私からは以上です。

記者)
 「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産への登録が相応しいとのイコモスの勧告がされました。この受け止めとですね、それから今回の勧告について一部除外ということも考えられうる中で、満額回答といえるものになったと思いますが、大臣の評価は、例えば点数でいうと何点だったか伺えますでしょうか。

大臣)
 今、御紹介をいただいたとおり、今般、我が国から推薦を行っておりました「百舌鳥・古市古墳群」につきまして、世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスが世界遺産に登録するということが適当だという評価をされたことが、ユネスコから通知をされました。本遺産は、世界最大の巨大前方後円墳である仁徳天皇陵古墳を含む土で作られた建造物群でありまして、我が国の貴重な文化遺産がそのような評価を受けたことを大変喜ばしく思うとともに、地元関係者の努力に敬意を表したいと思います。イコモス勧告通りに本年夏の世界遺産委員会で登録されるよう、関係自治体及び関係省庁との連携のもと、引き続き、全力を尽くしてまいりたいと思います。45件49基全て記載であるという勧告をいただき、また特段の問題となる留保もいただかなかったということで、点数にすれば満点だというように私は考えております。

記者)
 白須賀政務官がですね、在京当番を頻繁にさぼって地元に帰っていたというのが判明したんですけど、大臣官房総務課はですね、彼の選挙区の千葉13区は1時間以内に参集できるというふうにおっしゃっているんですが、私は事実上、厳しいんじゃないかと思います。多分、所沢より遠いと思います。この白須賀政務官の行動についてどのようにお考えなりますかということと、在京当番の運用を見直すお考えはないかということの2点お聞かせください。

大臣)
 文部科学省におきましては、「緊急事態発生時における閣僚の参集等の対応について」、これは平成15年11月21日付の閣議了解なんですけれども、こちらを踏まえまして、文部科大臣が東京を離れる場合には、あらかじめ副大臣又は大臣政務官が代理で対応できるように、調整することとしております。この大臣の代理対応の運用につきましては、府省統一的な基準があるわけではなく、各省に運用が任されているところでありますけれども、文部科学省といたしましては、緊急事態発生から概ね1時間以内に官邸等に参集できる体制をとることとしております。今般御指摘の白須賀政務官の活動につきましては、我々文部科学省といたしましては、概ね1時間以内に参集できるとの判断の下で行われたと認識しております。記事では、例えば印西市役所から東京・霞が関の文部科学省までは、車で概ね1時間20分以上、電車でも1時間半はかかるとされておりますけれども、車と鉄道を併用すれば1時間程度で到着するというふうに伺っております。確かに国及び国民の安全に例えば重大な影響を及ぼすような様々な緊急事態に迅速かつ的確に対応するという体制を構築することは重要でございます。現時点において、現行の在京当番の運用を原因とする問題が発生したことはありませんけれども、他省庁の状況も参考にしながら、引き続き、緊急事態対応について遺漏なきよう万全を期していきたいと考えております。

記者)
 1時間で間に合うということですけれども、性質上ですね、ぎりぎりセーフだったらオッケーというものではないかなと思うんですが、事実、危機管理対応の官邸のスタッフは、官邸の周辺に常に待機しておりますし、在京当番もそこまで厳しいものを求めるかどうかはさておき、そういう心構えがでいるべきじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

大臣)
 先ほど申し上げたとおり、国及び国民の安全に重大な影響を及ぼす緊急事態に迅速かつ的確に対応するという心づもりを持つことが大事だと考えております。今の御指摘も踏まえ、他省庁の状況も参考にしながら、引き続き緊急事態対応について遺漏のないよう万全を期していきたいと考えております。

記者)
 今の関連なんですけれども、大臣としては、一部報道では15回、文科省関連では13回ですけれども、そういった事実は把握されていらっしゃるんでしょうか。その事実関係について。

大臣)
 在京当番日に概ね1時間以内に参集できるということは、政務二役の御判断に一任をしておりましたけれども、今回の白須賀政務官の活動について、概ね1時間以内に参集できるという御判断だったというふうに私としては伺っております。

記者)
 大相撲の千秋楽にトランプ杯を設けようということで今、調整が進めていると聞いておりますけれども、この受け止めをお願いできますでしょうか。

大臣)
 報道は承知をしておりますけれども、大相撲は日本の国技であります。ただ、御案内のとおり、様々な外国からの表彰も行われているということは事実でございます。現在、様々な形で検討がなされていると承知をしておりますけれども、その状況をしっかりと見守っていきたいと考えております。

(了)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:令和元年05月 --