ここからサイトの主なメニューです

柴山昌彦文部科学大臣記者会見録(平成31年1月18日)

平成31年1月18日(金曜日)
教育、科学技術・学術、スポーツ、その他

キーワード

イプシロンロケット4号機による「革新的衛星技術実証1号機」の打上げ、平成31年度大学入試センター試験、JOCの竹田会長の東京大会招致をめぐる汚職に関わった疑いでフランスで刑事訴訟の手続きが開始された件、政府の基幹統計全体の点検

柴山昌彦文部科学大臣記者会見映像版

平成31年1月18日(金曜日)に行われた、柴山昌彦文部科学大臣の定例記者会見の映像です。

平成31年1月18日柴山昌彦文部科学大臣記者会見(※「YouTube」文部科学省動画チャンネルへリンク)

柴山昌彦文部科学大臣記者会見テキスト版

大臣)
 本日、私からは2件報告をさせていただきます。まず、本日9時50分、JAXA内之浦宇宙空間観測実験所より、イプシロンロケット4号機による「革新的衛星技術実証1号機」が、予定時刻通り打ち上げられたとの報告を受けております。ロケットが今後予定どおり飛行すればですね、間もなく、最初の分離となる「小型実証衛星1号機」(RAPIS-1)の分離が始まることになろうかと思います。その後は、超小型衛星、キューブサットを順次、分離していく予定と承知をしております。今回、残念ながら日程変更によりまして、私自身は立ち会えなかったわけですけれども、私といたしましてはですね、JAXA、企業、大学など、様々な関係団体、参加団体の技術とアイデアが結集したそれぞれの衛星が、所定の軌道での分離に無事成功し、その後の宇宙空間での実証を通して多くの成果をもたらすことを期待しております。
 続きまして、明日1月19日(土曜日)及び20日(日曜日)に平成31年度大学入試センター試験が実施されます。一部、降雪が心配される地域もありますが、公共交通機関のトラブル等があった場合は、試験開始時間の繰下げや状況により再試験を実施したり、インフルエンザ等の疾患により受験が困難な場合は、申請により追試験を実施するといった対応も行います。受験生の皆さんには、体調管理には十分留意していただき、当日は天候によっては早めに出ることも心がけていただきまして、日頃の努力の成果を存分に発揮していただきたいと思います。また、万一トラブル等があった場合は、受験票に記載されている問い合わせ先にお問い合わせをいただき、指示に従い落ち着いて行動をしていただけるようお願いします。私の方からは以上です。

記者)
 JOCの竹田会長の関係なんですけれども、前回、大臣は疑惑を払拭するために説明責任を果たす必要があるとおっしゃったんですが、その後の会見で質疑応答を行わないという対応があったと思います。それに対して批判が高まっているということがあるんですが、これに関して大臣の受け止めをお願いいたします。

大臣)
 前回、この場でも申しましたとおり、竹田会長においては、疑念を払拭できるよう説明責任を果たしていただきたいと思いますけれども、その具体的な方法については、御自身で判断されるべきものと考えております。いずれにいたしましても、東京オリンピック・パラリンピックが祝福される大会となるように、これまでどおり私どもとしては、粛々と準備を進めていきたいと考えております。

記者)
 毎月の勤労統計、厚労省の関係なんですけれども、不適切な調査手法で行なわれていたという問題なんですけども、改めて予算案を修正する今回異例の事態に至っているということに対して、一閣僚としてどのように受け止めているかということと、文部科学省にも関係する基幹統計があると思うんですけども、現状の点検状況などについて教えていただけますでしょうか。

大臣)
 今御指摘のとおり、つい先ほどの閣議において予算の組替え等も含めた決定がされたと、極めて異例かつ由々しき事態が発生しているかと思います。閣僚の一人として政府を挙げてこの問題に真摯に対応していく必要があると考えております。そしてこの「毎月勤労統計」に関する事案を受けてですね、去る16日に統計調査の取りまとめである総務省から、政府全体としての基幹統計の点検を行なうことについて、連絡を頂きました。このため、文部科学省においても、重要な統計である基幹統計のうち所管する4つの統計が、総務省に承認された調査方法や対外的な説明のとおり実施されているかについて、現在、点検を進めております。引き続き総務省とも連携しつつ、文部科学省においてしっかりと対応をさせていただきたいと思います。

(了)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:平成31年01月 --