ここからサイトの主なメニューです

イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機の打上げについて[文部科学大臣談話]

平成31年1月18日
科学技術・学術

 本日、イプシロンロケット4号機の打上げに成功し、革新的技術衛星実証1号機に搭載された全ての衛星が、所定の軌道に投入されたことを確認いたしました。

 今回の打上げ成功により、イプシロンロケットは平成25年9月の初号機打上げから4機連続、我が国の基幹ロケットとしては45機連続の打上げ成功となり、信頼性の確立に向けて着実に実績を積み重ねていることを大変喜ばしく思っております。

 今回打ち上げられた「革新的衛星技術実証1号機」は、宇宙技術の開拓や宇宙産業の発展に貢献する革新的な技術やアイディアの詰まった最初の実証機であり、この宇宙実証を通じて、我が国の宇宙産業の発展やイノベーションの創出に繋がることを期待いたします。

 文部科学省としては、引き続き、我が国の基幹ロケットの更なる信頼性の向上や高度化に取り組み、宇宙輸送の自律性や信頼性を高め、国民生活の向上や国際貢献、人類の夢の実現等に資する取組を推進してまいります。

平成31年1月18日
文部科学大臣 柴山 昌彦

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

-- 登録:平成31年01月 --