ここからサイトの主なメニューです

宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機の大気圏再突入について[文部科学大臣談話]

平成30年11月11日
科学技術・学術

 1.日本時間11月11日午前6時38分頃、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機は、国際宇宙ステーション(ISS)との結合、物資補給、ISSからの離脱、並びにISSの廃棄物を搭載しての大気圏再突入を全て成功裏に終え、所定海域に安全に落下したとの報告を受けました。


 2.「こうのとり」7号機はISSの運用に不可欠なリチウムイオンバッテリを前号機に続けて搭載するなど、これまでで最重量の物資の運搬を達成しました。今回の成功を通じて、我が国の物資輸送技術の信頼の高さを証明したことを大変誇らしく思います。


 3.また、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機に初めて搭載した小型回収カプセルは、大気圏再突入前の「こうのとり」から予定通りに放出されたとの報告を受けました。日本独自のサンプル回収技術が獲得できることを大いに期待しております。


 4.今後も我が国の「こうのとり」によってISS運用の根幹を支える物資を輸送する予定です。引き続き、関係各国との協力によるISS計画の着実な推進に努めてまいります。

 平成30年11月11日
文部科学大臣  柴山 昌彦

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

-- 登録:平成30年11月 --