ここからサイトの主なメニューです

永岡桂子文部科学副大臣記者会見録(平成30年10月4日)

平成30年10月4日
教育、科学技術・学術、スポーツ、文化、その他

永岡桂子文部科学副大臣記者会見映像版

平成30年10月4日(木曜日)に行われた、永岡桂子文部科学副大臣の記者会見の映像です。

平成30年10月4日永岡桂子文部科学副大臣記者会見(※「YouTube」文部科学省動画チャンネルへリンク)

永岡桂子文部科学副大臣記者会見テキスト版

永岡副大臣)
 皆様、こんにちは。この度、文部科学副大臣を拝命いたしました永岡桂子でございます。担当は、科学技術・学術、そして文化でございます。浮島副大臣、そして中村、白須賀両政務官共々、柴山大臣をお支えを申し上げまして、共に文部科学行政の振興、発展に尽力をして参りたいと考えおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

浮島副大臣)
 この度、文部科学副大臣、そして内閣府副大臣を拝命いたしました浮島智子でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。担当は、教育とスポーツということでございますので、どうかよろしくお願い申し上げます。この重責をしっかりと担わせていただき、一人でも多くの方に御恩返しをさせていただけるように全力を尽くして参りたいと思っております。永岡副大臣、そして中村、白須賀両大臣政務官と共に力を合わせ柴山大臣をお支えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

中村政務官)
 皆さん、こんにちは。文部科学大臣政務官を拝命しました中村裕之です。担務は教育と文化ということでございます。永岡、浮島両副大臣と共に、そして白須賀政務官と共に柴山大臣をお支えして参りたいと思っております。我が国の教育行政の推進に全力を尽くして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

白須賀政務官)
 皆さん、こんにちは。私は文部科学大臣政務官、そして内閣府大臣政務官、復興大臣政務官をこの度担わせていただきます白須賀貴樹でございます。私の担当する範囲は科学技術、そしてスポーツ、オリンピック・パラリンピック、そしてまた復興の分野でございます。私も一生懸命全力を尽くし、二人の副大臣、そして中村先生を含めてみんなで力を合わせて柴山大臣を支えていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。以上です。

記者)
 それぞれ副大臣、政務官に就任されての抱負をお一人ずつ願いします。

永岡副大臣)
 それでは私から。私は科学技術・学術と文化の担当をしておりますが、やはりなんと申しましてもここのところで、今般、京都大学の本庶佑先生がノーベル生理学そして医学賞を受賞されました。本当に我が国の高い研究水準とそれから基礎科学ですね、科学力というのを改めて世界に示すことができて大変うれしいことだと考えております。しかしながら本庶先生もおっしゃっていらっしゃいますように、やはりこれからのですね、研究力というのが相対的に日本は低下しているのではないかと、そういうことを言われておりますので、そういう点に関しましては、研究者の独創的な発想に基づきます学術、研究の推進と、それから基礎研究に対する継続的な支援、優秀なあとは若手の研究者の人材育成、研究環境の整備などに取り組んでまいりたいと思っております。また、実は文化のことなんですけれども、やはり2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けまして、これらのスポーツの分野でございますが、やはり文化プログラムの全国津々浦々での実施というものが大変重要になってくると思っております。文化芸術資源の活用によりまして、文化の力で地方創生を図るなど、心豊かで活力溢れる文化芸術立国を実現させたいという考えでいっぱいでございます。実は昨年の6月に文化芸術基本法が超党派の議員立法で成立をいたしました。その時、私、文部科学委員長をしておりまして、私の下で文化芸術基本法ができたということに基づいての文化芸術立国ということでございますので、やはりその思い入れというのは非常に私にとりましても、私が委員長をしている時にこの法律ができたということは誇りでございますので、これに基づきまして文化の振興ということにも頑張ってまいりたいと思います。以上です。

浮島副大臣)
 教育という分野で私は国づくりは人づくりだと思っているところでございます。子どもたち一人一人に光を当てた教育、誰一人残さない、そして一人一人の個性をいかに引き伸ばしていくか、そういうところに着目をして、しっかりとした教育行政を築いていきたいと思っているところでございます。またスポーツに関しましては、ラグビーワールドカップもあります。そして2020年オリンピック・パラリンピックもございます。今、永岡副大臣の方からもお話がございましたけれども、スポーツと文化、一生懸命連携をしながら全体に、国民、オールジャパンで一生懸命素晴らしい競技大会にしていきたいと思っているところでございます。

中村政務官)
 私は長年PTA活動に参画をしてまいりました。その活動をとおして強く感じたことは、子どもたちは自分が生まれてくる環境も、自分が育つ環境も自ら作り上げることはできない、選ぶことはできないということであります。そうした環境をしっかりと作るのが私たち大人の責任であり、そして行政的には文部科学省の重要な責任であるというふうに思っています。折しも幼児教育の無償化また高等教育の実質無償化に今、安倍政権が向かって行く時ですので、こうした政策について着実に推進をしてまいる所存です。文化についても、2020年東京が我が国独自の文化を世界に発信するいい機会だというふうに思っています。そうしたことを通じてですね、文化の振興そして文化庁の移転に向けた着実な準備を進めていきたいと思っています。

白須賀政務官)
 私はまず最初に文部科学省という省は、本当にこの国にとって重要な省だと思っております。我が国は、資源が乏しく、やはり人材というのが貴重な資源であり、この人材をしっかりと育てることがなくなってしまったら我が国は本当に終わってしまう、私はそう思っております。ですから先ほど永岡先生もおっしゃったとおり、本当にこの国の基礎学力そして基礎研究をしっかりと充実していかなければいけない。私も科学技術の担当として、そこのところはしっかりと私は力を入れてやっていきたいと思っております。まさにこの国でしっかりと人を育てること、そういう環境を作らなかったら、10年後20年後、私は世界の競争に負けてしまう、そのように思っております。だからこそこの文部科学省の重要性、大切だと思っておりますので、私は一生懸命頑張っていきたいと思っております。また来年は、先ほど浮島先生もお話ししてくださいました。ラグビーのワールドカップがございます。世界3大ワールドカップの1つで、本当にこれ大切なラグビーワールドカップでございます。これをしっかりと成功に導いて、結果的に復興のシンボルの1つになれるように、一生懸命尽力をしていきたいと思っております。そしてまた、2020年オリンピック・パラリンピックに対し、日本国を挙げてみんなで輪になって、そして笑顔で迎えられるよう尽力を尽くしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。以上です。

記者)
 科学技術に関してお二人、永岡副大臣と白須賀政務官にお聞きしたいのですが、基礎学力の低下が叫ばれていて、そこで実際に具体的にどのような支援というものを文科省としてやっていかないといけないか、具体的なイメージがあれば教えてください。

白須賀政務官)
 私、白須賀の方から答えさせていただきます。毎年毎年ですね、科研費の方がちょっとずつ上がってきておりますが、やはり、もうひと押し必要になってくると思っております。いわゆる科学研究費助成事業に関して、継続的な、そしてまた、プラスアルファの支援をしなければいけないと思っております。そしてまたですね、世界最高水準の成果を生み出すために、戦略的な基礎研究の推進をしなければならないと思っておりまして、これは戦略的創造研究推進事業というものを今、455億円ほど概算要求として出しておりますが、これをまたやることによって、若い研究者とか、そういった新しいものに対してチャレンジできるそのような予算もつけていきたい思っておりますし、増やしていきたいと思っております。最後に、世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)、今、11箇所ございます。こういったものを活用しながら、世界中から第一線の研究者が集まる世界トップレベルの研究所の形成をしていく、そういう取組をしていきたいと思っております。

記者)
 中村政務官にお伺いしたいんですが、世界文化遺産の北海道・北東北縄文遺跡群について、今後、自然遺産との絞り込みになると思うんですが、これに対する期待感とか、どういうお考えかというのをお伺いできますでしょうか。

中村政務官)
 7月の文化審議会で世界文化遺産推薦候補として、北海道・北東北縄文遺跡群が推薦されたということでありますけれども、一方で、自然遺産の方でもね、国内で推薦される奄美沖縄というのがありますので、我が国としては、最終的にはどちらか一つに閣議で決定していかなければならないという訳であります。今、調整を文科省と環境省で行なっているとおころでありますけれども、私としては縄文遺跡群は一万年余にわたって、私たちの先人の縄文時代の方々が築いた生活や祭祀などのですね、そうした貴重な遺跡だと思っておりますので、閣議の方で了解いただけるように一生懸命取り組んでいきたいと思っています。

記者)
 先日、就任会見で柴山大臣がですね、教育勅語を道徳などに使うことが十分にあると述べられ野党が反発しています。四人の皆さんにですね、それぞれこの大臣の発言について、どのようにお考えになるかお伺いします。

永岡副大臣)
 柴山大臣の発言につきましては、細かいことまでは承知しておりません。ニュースなどで見知ったということはありますけれども、あまりにちょっと、副大臣になるということもばたばたと決まりまして、柴山大臣の本当の真意ですとか、意見というのは、意図というのは、現時点におきましては把握しておりませんで、コメントは申し訳ございませんが、差し控えさせていただきたいと思っております。

浮島副大臣)
 私の方からも今、永岡副大臣がおっしゃったとおりでございまして、直接、大臣の会見でそれを見ておりませんので、真意や意図については、現時点では承知しておらないところでございますので、コメントは差し控えさせていただきたいと思います。

中村政務官)
 私も柴山大臣の真意というのは、よくわかりませんけれども、大日本帝国憲法時代の教育勅語ですから、今の日本国憲法、そして教育基本法の下では、全く失効しているものですので、学校現場で積極的に活用するというものではないと思います。一部、そういう、今後、参考にできるところがあるということではないかと想像しておりますが、そのような受け止めです。

白須賀政務官)
 私も、両副大臣がおっしゃったとおりですので、まだ柴山先生にお話しをまだ聞いておりません。まだ、真意を確認しておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます。すいません。

記者)
 先ほど、中村政務官は無償化に力を入れていきたいというお話がありました。浮島副大臣はこの教育のテーマの中でこういうことに尽力したいという何かございますか。

浮島副大臣)
 無償化のことはもちろんでございます。学びたいという子どもたちが、全ての子どもたちが学べるように、この体制を整えていくということは極めて重要なことだと思っております。それと同時に、これからSociety5.0社会に対応した教育の在り方というのをしっかりと考えていかなければならないと思います。前林大臣の下でも、文科省内でも色々議論をされていたということは承知しておりますけれども、しっかりと一人一人、この一人一人に光を当てて、そしてそれを一人一人の個性をいかに引き出していくか、そしてまた教職員定数の件もそうでございますけれども、まだまだ教職員の皆様方が大変な状況にあるということから、しっかりと子どもたちに向き合った体制を整えていきたいと思っております。

記者)
 永岡副大臣にお伺いしたいんですけれども、科学技術の関係で、先ほど言われたノーベル賞で今年は物理学賞ですと3人目が女性の受賞者が出てました。昨日の理系への関心を高めることが重要課題になるとして、女性の活躍、女性の学生さん、生徒さんをどうやって理系に引き付けるかは重要だと思うんですけれども、女性研究者活躍でそういった場を作ることについて何かお考えがあれば教えてください。

永岡副大臣)
 やはり、女性の研究者というのは大変重要な科学技術の発展にとりまして重要なことだと思っておりますので、是非そこのところもしっかりと対応させていただきたいと思っております。

記者)
 ご存知のとおり、文部科学省は汚職事件で逮捕者、起訴者も出ているし、処分者も非常にたくさん出ていて、こういう状況ですが、まず省内をどういうふうにご覧になってらっしゃるのかということと、立て直しのためにですね、どういうことを御考えになっているのかというのをお一人ずつお願いします。

永岡副大臣)
 記者さんがおっしゃいますように、大変文部科学省の内部としても、大変厳しい状況だというのがあります。その中におきまして今、再編をしているところでございますので、そこを基準としまして対応させていただきたいと思っております。色々と今表ざたになっております不祥事ということですね、接待した、しないということがありましたけれども、そういうのももっと深堀をしまして、中のことしっかりと調査をするということになっております。

浮島副大臣)
 本当にこのようなことがあってはならないと私は思っているところでございます。これからはしっかりと省内、職員の皆様一人一人としっかりコミュニケーションを取りながら二度とこういうことを起こさないということを一人一人が心に決めながら共々に仕事をしていきたいと思っているところです。

中村政務官)
 大変、起訴された方、また幹部職員にですね、そうした処分者が多く出たということについては重く受け止めております。弁護士さんも含めた、今調査委員会をやっていますところですから、そうした中で省の皆さんの、職員の皆さんのことをチェックをさせていただいた上で再発防止に努めて参る所存です。政と官の適切な関係についても築いていきたいと考えています。

白須賀政務官)
 白須賀でございます。信頼を回復するというのは魔法の杖みたいなものはありません。ですからやはり信頼を回復するというのは、文科省の職員の方々皆さんに伝えたいのは、これは目の前にある仕事一つ一つ、正直に真面目にコツコツと積み上げていくことのみが、私は信頼回復につながると思っておりますので、職員の方々のほとんどは素晴らしい方々ばっかりでございますので、一個一個みんなでチームで真面目に正直に仕事をこなしていく、これが本当に国民の方々に信頼を回復できる唯一の手段だと私は思っております。以上です。

(了)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:平成30年10月 --