ここからサイトの主なメニューです

H-ⅡAロケット37号機による気候変動観測衛星「しきさい」及び超低高度衛星技術試験機「つばめ」の打上げについて[文部科学大臣談話]

平成29年12月23日
科学技術・学術

 本日、H-ⅡAロケット37号機の打上げに成功し、搭載していた気候変動観測衛星「しきさい」及び超低高度衛星技術試験機「つばめ」が、それぞれ高度の異なる所定の軌道に投入されたことを確認いたしました。

 今回の打上げにより、H-ⅡAロケットやイプシロンロケット等の基幹ロケットとして39機連続で成功したことは、我が国のロケット技術や信頼性が着実に向上している証であり、私としても大変喜ばしく思っております。

 「しきさい」は、19種類の様々な波長を用いて、地球上の雲、チリ等のエアロゾル、植生等の観測をすることで、地球環境変化の監視や温暖化予測の改善へ貢献します。また、「つばめ」は、利用実績の少ない高度300km以下の超低高度軌道を継続的に飛行する技術を実証することで、新たな衛星利用を開拓します。

 文部科学省としては、「しきさい」「つばめ」の両衛星が所期の目的を達成できるよう、関係機関とともに引き続き努力してまいります。また、基幹ロケットの安全性・信頼性の向上に引き続き取り組むとともに、次世代の基幹ロケットであるH3ロケットの開発にも着実に取り組んでまいります。


平成29年12月23日
文部科学大臣 林 芳正

H-IIAロケット37号機 打ち上げ 画像1


H-IIAロケット37号機 打ち上げ 画像2

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

-- 登録:平成29年12月 --