ここからサイトの主なメニューです

林芳正文部科学大臣記者会見録(平成29年11月21日)

平成29年11月21日(火曜日)
教育、科学技術・学術、スポーツ

キーワード

第2回国際宇宙探査フォーラム(ISEF2)の開催、私立高校の「無償化」、日馬富士関の暴行

林芳正文部科学大臣記者会見映像版

平成29年11月21日(火曜日)に行われた、林芳正文部科学大臣の定例記者会見の映像です。

平成29年11月21日林芳正文部科学大臣記者会見(※「YouTube」文部科学省動画チャンネルへリンク)

林芳正文部科学大臣記者会見テキスト版

大臣)
 私から1件ございます。来年3月3日の「第2回国際宇宙探査フォーラム(ISEF2)」開催まで、約3か月となりました。この度、ポスターが完成をいたしましたので、御紹介をさせていただきます。また、ホームページも開設をいたしました。ISEF2の開催に合わせまして、若手向けや産業界向けのサイドイベントも予定をしております。今後の宇宙探査を担う若手の人材育成や、国内外の企業のネットワーク形成を図りたいと、こういうふうに思っております。宇宙探査については、先の日米首脳会談でも取り上げられるなど、国際的に関心が高まっております。文科省としては、ISEF2開催国として、宇宙探査に関する国際協調体制や、共通認識の形成に向けた議論を主導してまいりたいというふうに思っております。私からは以上です。

記者)
 私立高校の無償化について、首相が選挙のときに検討を表明されて、直近では政府が検討に入ったという報道がございました。現時点での大臣のお考えをうかがえますでしょうか。

大臣)
 誰もが、家庭の経済事情に左右されることなく、希望する質の高い教育を受けられるということは、大変重要であるというふうに思っております。高校生等への修学支援については、公明党の公約であります年収590万円未満世帯への「私立高校授業料の実質無償化」につきまして、先の衆議院議員選挙の際に行われました党首討論会において、安倍総理から検討していきたい旨の御発言があったと、こういうふうに承知をしております。「人づくり革命」については、現在、与党におきましても議論が行われていると承知をしておりまして、与党の提言を頂いた上で、高校生等への修学支援の在り方について検討してまいりたいと思っております。

記者)
 様々な大相撲に関する報道がなされておりますけれども、この問題に関して、大臣の所感をお願いします。

大臣)
 現在、相撲協会におきまして、調査が行われていると承知をしておりますので、調査を見守りながら、しっかりと報告を受けたいと思っております。今回のような事件が起きたことは、大変遺憾に思っておりますとともに、スポーツ全般に係ることですが、スポーツにおきましても、他のところでもそうですが、暴力は断固起こってはならないと思っております。

記者)
 関連して、現時点で調査の途中経過等、特にないのでしょうか。

大臣)
 相撲協会の危機管理委員会が調査を開始するという報告は受けておりますので、まずは、危機管理委員会において迅速に事実を解明して、しっかりと説明責任を果たしていただきたいと思っております。

記者)
 相撲協会は、いわゆる、報じられてから1週間が経過しています。そのスピード感についてはどのように受け止められていますでしょうか、調査についても。

大臣)
 先ほど申し上げましたように、まず、しっかりと調査をしていただいて、事実関係を明らかにしていただくと、このことが大事なことだと思っておりますので、なるべく早くという思いはありますけれども、しっかりと調査をするということを、是非、お願いしたいと思っております。

(了)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:平成29年11月 --