ここからサイトの主なメニューです

大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S)の帰還について[文部科学大臣談話](平成28年10月30日)

平成28年10月30日(日曜日)
科学技術・学術

 本日、大西卓哉宇宙飛行士を含む日米露の3名が搭乗したソユーズ宇宙船(47S)が、カザフスタン共和国内に帰還したとの報告を受けました。大任を終えての無事の帰還を心から喜ばしく思います。

 大西飛行士は、我が国の2024年までのISS運用延長を決定してから初めて長期滞在する宇宙飛行士として、本年7月7日から約4ヶ月にわたり国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在しました。

 長期滞在中には、ロボットアームによる米国の無人補給船のドッキング・分離作業、「きぼう」日本実験棟では小動物の長期飼育、タンパク質結晶生成実験、材料実験環境の構築など数々の任務を達成しました。また、アジア諸国の学生が提案した科学実験の実施は、各国で取り上げられ、我が国の国際貢献を拡げてくださいました。

 「実験を提案した研究者の目となり耳となって、宇宙実験を行う」という大西飛行士の言葉にありましたとおり、使命感を持って任務にあたられた結果だと思います。

 大西飛行士、そして今後の日本人宇宙飛行士の一層の活躍により、我が国のみならず世界の宇宙開発利用の更なる拡大を促進するとともに将来の国際宇宙探査に向けた取組が大きく進展することを期待しています。

平成28年10月30日
文部科学大臣 松野 博一

大西宇宙飛行士が参加したISS計画についてはこちら

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の大西宇宙飛行士との交信イベントに松野大臣が参加(動画)

大西宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで活動開始!日本のISS(国際宇宙ステーション)計画参加の意義は(動画)

大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S/MS-01)の帰還について(JAXAのホームページにリンクします。)

大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S)の帰還について


大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S)の帰還について


大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S)の帰還について


大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S)の帰還について


大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S)の帰還について

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

-- 登録:平成28年10月 --