ここからサイトの主なメニューです

2019年(平成31年)世界博物館大会の開催決定に当たっての下村博文 文部科学大臣談話

平成27年6月3日
教育

 本日(6月3日)、国際的な博物館の専門家組織であるICOM(イコム、国際博物館会議)が、2019年(平成31年)秋に予定されている第25回世界博物館大会を日本の京都市で開催することを決定しました。

 世界博物館大会は、本年4月10日に私から公表した「オリンピック・パラリンピックレガシー創出に向けた文部科学省の考えと取組」においても同大会の招致を施策の一つとして位置付けており、関係者の一体となった努力等により、このたびの招致が実現したことは大変喜ばしく思います。
 世界各国から約3,000人の博物館関係者の参加が見込まれるこの大会は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の前年開催でもあり、諸外国に対し我が国の多様な文化を紹介する絶好の機会となります。

 文部科学省としても、ICOM、ICOM日本委員会及び京都市と緊密に連携しながら、必要な協力を行ってまいります。

平成27年6月3日
文部科学大臣 下村 博文

お問合せ先

生涯学習政策局社会教育課

-- 登録:平成27年06月 --