ここからサイトの主なメニューです

新学期を迎えるみなさんへ 平野文部科学大臣からのメッセージ(平成24年4月3日)(被災地の小学校段階の児童向け)

平成24年4月3日(火曜日)

新学期(しんがっき)を迎(むか)えるみなさんへ

 みなさん、入学(にゅうがく)、進級(しんきゅう)おめでとうございます。
 本当(ほんとう)にたいへんな一年(いちねん)をのりこえ、こうしてみなさんが、また学校(がっこう)に来(き)てくれていることを、まず、なによりも感謝(かんしゃ)したいと思(おも)います。
 本当(ほんとう)にありがとう。

 あの東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)から、一年(いちねん)がたちました。
 みなさんの中(なか)には、まだ仮設(かせつ)住宅(じゅうたく)などで不自由(ふじゆう)な生活(せいかつ)をしている方(かた)たちがたくさんいらっしゃると思(おも)います。校舎(こうしゃ)が壊(こわ)れ、まだきちんとした教室(きょうしつ)で授業(じゅぎょう)を受(う)けられない学校(がっこう)もあります。
 それでもみなさんは、この一年(いちねん)、笑顔(えがお)を忘(わす)れずに頑張(がんば)ってきましたね。みなさんのその笑顔(えがお)が、私(わたし)たち大人(おとな)に、未来(みらい)への大(おお)きな希望(きぼう)を教(おし)えてくれました。
 もう一度(いちど)、本当(ほんとう)にありがとう。
 私(わたし)たちも、みなさんが一日(いちにち)でも早(はや)く、普通(ふつう)の学校(がっこう)生活(せいかつ)を取(と)り戻(もど)せるように努力(どりょく)をしていきます。

 大切(たいせつ)な家族(かぞく)や、お友達(ともだち)や、故郷(ふるさと)の風景(ふうけい)を失(うしな)った悲(かな)しみは、たやすく忘(わす)れられるものではないと思(おも)います。「悲(かな)しみを乗(の)り越(こ)えて」と言葉(ことば)でいうのは簡単(かんたん)ですが、それはとても時間(じかん)のかかることです。
 でも、みなさんは、一人(ひとり)ではありません。
 学校(がっこう)の仲間(なかま)や先生(せんせい)がいます。
 仲間(なかま)と共(とも)に学(まな)ぶこと。勉強(べんきょう)やスポーツや文化(ぶんか)活動(かつどう)を通(つう)じて、何(なに)かに夢中(むちゅう)になることを見(み)つけて、みんなと一緒(いっしょ)に夢中(むちゅう)になって、そのことで、悲(かな)しみが少(すこ)しでも和(やわ)らぐならと願(ねが)っています。

 日本(にほん)は自然災害(しぜんさいがい)の多(おお)い国(くに)です。
 津波(つなみ)、地震(じしん)だけではなく、私(わたし)の生(う)まれた和歌山県(わかやまけん)も、昨年(さくねん)、水害(すいがい)で大(おお)きな被害(ひがい)を受(う)けました。
 自然(しぜん)は、人間(にんげん)に厳(きび)しい試練(しれん)を課(か)すときがあります。しかし、私(わたし)たち人間(にんげん)は、自然(しぜん)からの恵(めぐ)みを受(う)けて生(い)きていることも間違(まちが)いありません。
 どうか、たくさん勉強(べんきょう)をして、自然(しぜん)と共(とも)に生(い)きる知恵(ちえ)を学(まな)んでください。

 今回(こんかい)の震災(しんさい)では、外国(がいこく)からもたくさんの手助(てだす)けや励(はげ)ましがありました。
 日本(にほん)と日本人(にほんじん)は、ひとりぼっちの存在(そんざい)ではありません。
 みなさんは、大人(おとな)になってから、助(たす)けてくれた外国(がいこく)の方(かた)たちに、きちんとお礼(れい)を言(い)える人間(にんげん)になってください。そして困(こま)っている人(ひと)がいたら、手(て)をさしのべられる人(ひと)になってください。

 地震(じしん)や津波(つなみ)、原子力(げんしりょく)発電所(はつでんしょ)の事故(じこ)、そして復旧(ふっきゅう)、復興(ふっこう)に命(いのち)がけで立(た)ち向(む)かう、消防士(しょうぼうし)さんや警察官(けいさつかん)、自衛官(じえいかん)の人(ひと)たちの姿(すがた)を、みなさんは見(み)てきたと思(おも)います。そして何(なに)より、子(こ)どもたちを命(いのち)がけで守(まも)った、たくさんの先生方(せんせいがた)のことを忘(わす)れないでください。
 みなさんも、一生懸命(いっしょうけんめい)勉強(べんきょう)し、スポーツで身体(しんたい)を鍛(きた)え、芸術(げいじゅつ)に触(ふ)れて優(やさ)しい心(こころ)を育(はぐく)み、そして他人(たにん)のために働(はたら)ける人(ひと)になってください。

 私(わたし)も、学校(がっこう)の先生方(せんせいがた)と一緒(いっしょ)に、みなさんの笑顔(えがお)が消(き)えないように、全力(ぜんりょく)でみなさんを支(ささ)えます。
 どうか、この春(はる)には、たくさんの新(あたら)しい友達(ともだち)を作(つく)ってください。
 そうして、みんなで一緒(いっしょ)に、もっともっと、楽(たの)しい学校(がっこう)を作(つく)っていきましょう。

文部科学大臣(もんぶかがくだいじん)  平野 博文(ひらの ひろふみ)

お問合せ先

初等中等教育局初等中等教育企画課

(初等中等教育局初等中等教育企画課)

-- 登録:平成24年04月 --