ここからサイトの主なメニューです

新学期を迎えるみなさんへ 平野文部科学大臣からのメッセージ(平成24年4月3日)(全国の小学校段階の児童向け)

平成24年4月3日(火曜日)

新学期(しんがっき)を迎(むか)えるみなさんへ

 みなさん、入学(にゅうがく)、進級(しんきゅう)おめでとうございます。
 今年(ことし)もまた、勉強(べんきょう)にスポーツに力(ちから)を発揮(はっき)し、新(あたら)しいお友達(ともだち)をたくさん作(つく)ってください。

 日本(にほん)を襲(おそ)った大地震(おおじしん)と津波(つなみ)から、一年(いちねん)がたちました。
 被害(ひがい)にあった地域(ちいき)には、まだたくさんの、不自由(ふじゆう)な生活(せいかつ)をしている方(かた)たちがいます。学校(がっこう)が壊(こわ)れ、まだきちんとした教室(きょうしつ)で授業(じゅぎょう)を受(う)けられない子(こ)どもたちもいます。

 この一年間(いちねんかん)、全国(ぜんこく)のみなさんは、募金(ぼきん)をしたり、手紙(てがみ)を書(か)いたり、いろいろな形(かたち)で、被害(ひがい)にあわれた方(かた)たちを励(はげ)ましてきました。
 なによりも、みなさんの笑顔(えがお)が、私(わたし)たち大人(おとな)に、未来(みらい)への希望(きぼう)を教(おし)えてくれました。
 本当(ほんとう)にありがとう。
 そして、どうか、そのような、他人(たにん)を思(おも)う気持(きも)ちを忘(わす)れずに、また新(あたら)しい一年(いちねん)を過(す)ごしてください。

 日本(にほん)は自然災害(しぜんさいがい)の多(おお)い国(くに)です。
 津波(つなみ)、地震(じしん)だけではなく、私(わたし)の生(う)まれた和歌山県(わかやまけん)も、昨年(さくねん)、水害(すいがい)で大(おお)きな被害(ひがい)を受(う)けました。
 自然(しぜん)は、人間(にんげん)に厳(きび)しい試練(しれん)を課(か)すときがあります。しかし、私(わたし)たち人間(にんげん)は、自然(しぜん)からの恵(めぐ)みを受(う)けて生(い)きていることも間違(まちが)いありません。
 どうか、たくさん勉強(べんきょう)をして、自然(しぜん)と共(とも)に生(い)きる知恵(ちえ)を学(まな)んでください。

 今回(こんかい)の震災(しんさい)では、外国(がいこく)からもたくさんの手(て)助(だす)けや励(はげ)ましがありました。
 日本(にほん)と日本人(にほんじん)は、ひとりぼっちの存在(そんざい)ではありません。
 みなさんは、大人(おとな)になってから、助(たす)けてくれた外国(がいこく)の方(かた)たちに、きちんとお礼(れい)を言(い)える人間(にんげん)になってください。そして困(こま)っている人(ひと)がいたら、生(う)まれた国(くに)や民族(みんぞく)に関係(かんけい)なく、手(て)をさしのべられる人(ひと)になってください。

 地震(じしん)や津波(つなみ)、原子力(げんしりょく)発電所(はつでんしょ)の事故(じこ)に命(いのち)がけで立(た)ち向(む)かう、消防士(しょうぼうし)さんや警察官(けいさつかん)、自衛官(じえいかん)の人(ひと)たちの姿(すがた)を、みなさんはテレビを通(とお)してみたと思(おも)います。そして何(なに)より、子(こ)どもたちを命(いのち)がけで守(まも)った、たくさんの先生方(せんせいがた)のことを忘(わす)れないでください。
 みなさんも、一生懸命(いっしょうけんめい)勉強(べんきょう)し、スポーツで身体(しんたい)を鍛(きた)え、芸術(げいじゅつ)に触(ふ)れて優(やさ)しい心(こころ)を育(はぐく)み、そして他人(たにん)のために働(はたら)ける人(ひと)になってください。

 なんだか、お願(ねが)いばかりになってしまいました。
 しかし、これが私(わたし)のいまの気持(きも)ちです。日本(にほん)の未来(みらい)は、みなさんにかかっているのです。
 私(わたし)も、全国(ぜんこく)の学校(がっこう)の先生(せんせい)と一緒(いっしょ)に、日本中(にほんじゅう)のすべての子(こ)どもたちが笑顔(えがお)で登校(とうこう)できるように、全力(ぜんりょく)でみなさんを支(ささ)えます。
 みなさんの明(あか)るい笑顔(えがお)で、もっともっと日本(にほん)を元気(げんき)にしてください。

文部科学大臣(もんぶかがくだいじん)  平野 博文(ひらの ひろふみ)

お問合せ先

初等中等教育局初等中等教育企画課

(初等中等教育局初等中等教育企画課)

-- 登録:平成24年04月 --