ここからサイトの主なメニューです

事務次官会見概要(6月15日)

平成21年6月15日
14時01分から14時11分
文部科学省 記者会見室
教育、スポーツ

キーワード

スポーツ振興,中長期的な大学教育の在り方,新型インフルエンザ

次官)
今日の事務次官等会議ですが、政令案が3件ありましたが、いずれも経済産業省関係の政令案でした。事務次官等会議のご報告は以上です。

記者)
11日の自民党スポーツ立国調査会作業部会で、スポーツ庁設置を明記したスポーツ振興法の骨子案がまとまりました。また、塩谷大臣も2日の閣議後会見で「スポーツ庁は文部科学省の下にあるのがよい」という趣旨の発言をされています。文部科学省として、今後どのような姿勢でスポーツ振興に取り組むのか、現時点での次官の考え方をお伺いします。

次官)
超党派のスポーツ議員連盟が、スポーツ振興について検討しており、5月29日の総会で論点を整理して、各党が持ち帰って更に検討することとなっています。自民党では、現在超党派のスポーツ議員連盟での検討結果を踏まえ、スポーツ立国調査会の下でスポーツ基本法案の検討が進められていると承知しています。スポーツ立国調査会の中のスポーツ基本法制定ワーキンググループの4回目の会合が先週木曜日に開かれ、骨子案が審議されたと承知しています。私どもとしては、超党派のスポーツ議員連盟あるいは各党におけるスポーツ基本法案の検討の状況を見守っている段階です。また、スポーツ庁の設置については、これからのスポーツ振興政策全体を検討する中で、スポーツに関する行政組織の在り方について検討していくことも言われていますので、そいう中で考えていきたいと思っています。文部科学省としてスポーツについては、現在、スポーツ青少年局が中心となって所掌しているわけですが、スポーツの振興は、国民にとって非常に重要な政策の一つだと思っています。内閣の教育再生懇談会での四次報告でご提言いただいていますが、スポーツアスリートの養成の強化、地域のスポーツ施設の整備、学校体育と運動部活動の充実といったことを中心に、省としてもスポーツ振興には、引き続き最大限の努力をしていきたいと思っています。

記者)
今日、中教審で中長期的な大学教育の在り方に関する第1次報告がまとまり、大学の設置基準の見直し等について議論すべきだと言われていますが、文部科学省としては、この報告を受けて、今後どのようにご対応されていくお考えでしょうか。

次官)
中教審における高等教育の審議につきましては、昨年、文部科学大臣から大きな諮問をしました。それを受け、中教審の大学分科会で、作業部会等を作りながら精力的なご審議をいただいています。本日、これまでの審議の経過を取りまとめた報告が出ました。高等教育については、大学教育が非常にユニバーサルな状態になっている中で、大学の機能の多様化の問題や、18歳の入学に加えて、成人を含む広い意味での高等教育の拡充、充実の問題、さらには、高等教育機関が教育研究、あるいは地域貢献などについて、今後どういう役割を果たしていくのか、幅広い観点からいろいろなご議論をいただいているところです。大学の設置の在り方についても、大学の機能分化などを含む新しい役割をどのように実現していけるのかという観点から、様々な議論があるということで、今回の報告は、大学分科会として、今こういうことを議論していますという報告ですので、私どもも読ませていただいて、引き続きの答申に向けての議論に期待しているという段階です。

記者)
この報告を受けて、すぐに動き出すということではなくて、答申段階まで待ってということでしょうか。

次官)
そういうことです。

記者)
新型インフルエンザの関係ですが、国際的に広がっており、海外の日本人学校でも閉校しているところが出ているようですが、帰国してくる子女に対する対応等について文部科学省として考えていることなどはありますか。

次官)
先週、新型インフルエンザについては、フェーズ6ということになりました。これまで新型インフルエンザの状況を見ていますと、感染力は大変なものがあると思いますが、強毒性ということについては、かねて想定していたほどのものではないということが言われています。これまでも、国内あるいは日本人学校等において新型インフルエンザが発生した場合の対応については、何回かにわたる事務連絡で、政府全体の方針を受けつつ文部科学省として通知を出してきたわけですが、フェーズ6になったことを受け、先週事務連絡を発出し、これまでの対応と同じ考え方で引き続き対応してほしいということを申し上げている段階です。日本人学校から帰国する子どもも出てくると思いますが、帰国してすぐ地元の学校に行くということではなく、少し様子を見たうえで通学をするという対応に、通常はなるのではないかと思っています。

 

                                     (了)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:平成21年以前 --